勇者であり魔王である

ばたふらい

第11話 悲しき思い出

こんなに悲しいことがあるのだろうか!未練を断ち切るどころか何か見せつけられている気がする!!

「ナツさん、何か見えましたか!噂では、生物の周りにあるオーラが見えるはずです!」

ありがとう、遅い忠告どうも!!そして、この俺の第2の人生ぶち壊すつもりか!!!決めた!俺はこの能力を使わな...

「ナツさん!!どうかその能力を使って私を守って下さいね!」

と思ったがこの能力はよくよく考えれば!かなり使える能力だ!それを使わないのは宝の持ち腐れじゃないか!よし有効に使おうじゃないか!!

「ふっ、ウル様に言い寄られたらナツも耐えらないようだ!」

「いや、そんなつもりでは...ないはずだ。俺はただ世界平和のために力を使う、ただそれだけだ!!!」

動揺しながらナツは答えた。
その後三人で昼食タイムが始まった。

「そういえば、ウルが勇者になった時はどう思ったんだ?」

「私はこの国を世界を守ることができるから嬉しかったけど、悲しかったです。当時は、お父様が死んだことを受け入れられないまま!私は勇者に選ばれました。それでもお父様が残した強い意志を私は受け継ぎ、私は勇者としての役割を果たしたいと固く決意しました!それからはレイナと一緒に旅をしました。」

「お父さん、勇者だったのか?悪い聞くことじゃないな」

「いえ、大丈夫ですよ。それとお父様は勇者ではなく、騎士です。勇敢な騎士で国を守るために戦い続けるお父様は好きでした...」

「ウル様の前の勇者は、ある異世界人でした。その異世界人は勇者なのにあろうことか、ビューレ王国を危険に晒した!その時、犠牲になったのがウル様の父上 ウォール様だ。その反逆者と相打ちで倒れた。それ以降、我が国では異世界人を嫌うようになった。それでも神の書には異世界人は光と書かれているため、我々は異世界人を受け入れなくてはならない!」

ナツはこのやりようのない場所から出たくなった。これでもし、俺が異世界人だってバレたらウルとレイナは蔑むように見てくるのかな?そう考えただけでこの場所から逃げ出したくなる。

「何か暗い話しになっちゃいましたね!さぁ、ナツさん修行に入りましょう!」

「あぁ..うん」

「明るく振舞ってくれないと私怒りますよ!」

「えぇ...」

「冗談です!さあ、修行に入りましょう!」

こうして俺たちは修行に戻った。

「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く