勇者であり魔王である

ばたふらい

第8話 仲間

俺は今、宿にいる。哀れな顔で俺を見るレイナと本当にただ心配しているウルに見送られながら...。いや、けど 確かに書いてあるんだここに備考の部分に魔王適合有りと勇者適合有りって...なのに二人聞いても、何がという顔をされ、さらに俺は受付嬢に見せつけるように見せても

「えっ...あぁ...はい、絶対心眼アブソリュートアイってかなり    上位に入るレアものですね!」

などと、全くふれられなかった。ただ俺は不幸か幸かはわからないが、一度も備考に書いてある 魔王適合有り 勇者適合有り についてはまだ話していない。これは正直言って、どうなっているかが全くわからない!あぁ、何故だろう全く理解されず勝手な解釈をされている気がする。それじゃ前の世界と同じじゃねーか!だけど、俺はこんな状況に陥った対応は知っている!
ここは俺が疲れていた。それで幻覚なんかが見えた!これでお終いだ!
これでいいんだ...これで...
どうして俺は理解されないんだろ!勝手な解釈をされるんだろ!何でこの世界に来ても!
ナツは一人涙を流しながら、一夜を過ごした。

翌日

俺を迎えに来たレイナとウルに昨日は旅で疲れていたから幻覚が見えたと説明した。俺は翌日の朝に、俺のステータスが載っている精霊紙を見た。
何も変わっちゃない...
それでも、やっぱり嘘を通した。

「ナツさん、本当に良かったです!ただの旅疲れで!」

「えっ、あ...うん。本当にただの旅疲れでよかったよ。」

「本当にナツのせいで、ウル様が昨日は大変ソワソワしなさっていたからな!」

「こら、レイナそういうことは言わないで!」

何故彼女は俺を心配してくれるんだろうか?会って、1日しかたっていないのに!

「それで、ナツさん!もしよろしければ、私たちと一緒に少しの間でも旅をしませんか?」

旅か、しかし何故誘われたんだ?俺はLv 1だぞ!

「なあ、どうして俺を誘ったんだ?」

「それは簡単です。ナツさんのLv 1なら、遠   くまでを旅するのは危険です。だから、一緒なら安全で危険性を下げれると思いませんか!だから、一緒に旅をしませんか?」

成る程、俺のことを心配してくれているのか。今までだったら、見て見ぬふりをして断るんだが、この人だったら...!

「分かった、よろしく頼む!」

「はい、ナツさん!!」

こうして俺たち3人のパーティーが結成した。

「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く