勇者であり魔王である

ばたふらい

ウルとナツのステータス説明

ウル「それではナツさん、今日はステータス説明   をします」
ナツ「よろしく頼む、ウル」
ウル「まずはレベル、これはモンスター倒せば上   がっていき、何と力・魔力・耐久・敏捷・   瞬発力が上がる恩恵を受けられます」
ナツ「ウル...多分それは誰でも知っていると思う   んだが...」
ウル「えっ...ナツさんご存じなんですか!流石に   もこれを知っているとは思いませんでした   。どこで知ったんですか?」
ナツ「RPGを幾度もやってきたからな!」
ウル「RPG?何なんですかそれは?教えて下さい   、ナツさん!」
ナツ「いや、その(ヤバイ、このままじゃ異世界人   ってバレる!)次いこ次!」
ウル「ナツさんが話さないなら、話すように仕向   けるまでです!」
ナツ「(何されるんだ、俺)」
ウル「では、次にいきましょう!称号ですね、こ   れは正直言ってステータスかなり影響され   るものです。称号には、剣聖、賢者などが   有ります。その中には勇者や魔王も有りま   す!だから、私の称号には勇者って入って   いるんですよ、ナツさん!」
ナツ「(じゃ、何故俺には入ってないんだ!これで   も勇者適合と魔王適合が有るのに!)なあ   、これって二つ称号が入ることってあるの   か?」
ウル「うーん、そういう二つの称号を手に入れた   人は聞いたことはありませんね。だから、   正直分かりません!もしかしたら!」
ナツ「もしかしたら?」
ウル「二つの称号が合体して新たな称号が生まれ   たりするかもしれません!例えば、剣聖と   賢者で魔法剣士って!!」
ナツ「ウル...魔法剣士は職業ジョブじゃないか?」
ウル「あっ...確かに魔法剣士というジョブは確か   に有ります!となると...一体どんなふうに   なるのでしょうか?ナツさん」
ナツ「(うーんそれが分からないから、聞いたのに   !)多分魔剣聖って称号になるんじゃない   かな!」
ウル「魔剣聖...なんかカッコイイ響きですねナツ   さん!」
ナツ「(多分...地球じゃ厨二扱いされると思うが)   かっこいいいと思うよ!」
ウル「そうですよね、やっぱりってこんなこと話   しているじゃなかった。次は属性ですね!   属性にはいくつかあります。火・水・地・   風そして光・闇ですね!属性を持つもの    は属性に応じて魔法や技を覚えたりするこ   とがあります。私は光属性です。だから、   光魔法と光技を覚えています。例えば、    キュアという光魔法なんかを覚えています   。確かナツさんの属性は...ナツさん人生    生きていれば、いつかは属性を得たりする   筈です!
ナツ「(属性無しってこんなにも憐れに見られるの   か!)」
ウル「次は力ですね、というかここは多分一気に   説明した方がいいですね。力はそのままの   意味の力の強さです 魔力は魔法の威力    耐久は相手から受けたダメージ耐えきるも   の 敏捷は動作の速さが早いこと 最後が   瞬発力ですね、瞬発力はものを瞬時に判断   して動く力です。例えば、相手の不意打ち   に気づいたらすぐさまに動けるそれが瞬発   力。敏捷は動作が速いだけであって瞬時に   動けるものではありません。だから、敏捷   が高くても瞬発力が低ければやられる可能   性があります。逆を言えば、敏捷が低くく   ても瞬発力が高ければすぐさま回避可能で   す。けど、基本敏捷が高ければ瞬発力も高   いものです。」
ナツ「なるほど、かなり解りやすかった。」
ウル「ありがとうございます、ナツさん」
ナツ「(何故こんなにも嬉しそうなんだろう?)」
ウル「では次に職業能力と固有能力ですね!職業   能力はその職業で得られるものだけど、    職業変わればその職業で得たものは使えな   くなります。だけど、元の職業になれば、   以前得た元の職業能力は使えます。固有    能力は職業が変わっても能力が失われない   、それが固有能力です!だから、ナツさん   の固有能力絶対心眼アブソリュートアイは職業が変わっても失   いません!よかったですね、ナツさん!」
ナツ「あぁ、それよりアブソリュートアイって何   ?」
ウル「それはまたの機会に!では次に技と耐性で   す!技は相手に大ダメージを与えるもので   す!耐性は毒なんかを受けても耐えうる力   です!」
ナツ「なんかいきなり簡単な感じになったな!」
ウル「そんなことはないですよ、ナツさん。私い   つでも懇切丁寧に説明をしますから!」
ナツ「え、あ..うん。そうだね」
ウル「何ですかナツさん!そんなにも下手くそだ   だったと言いたいのですか!」
ナツ「いや、そういう訳ではないんだが...」
ウル「だったら、許します。では最後に総合評価   ですね!総合評価はこれまでのステータス   を総合して出たものです。だから、Lv 1で   Dはかなり凄いです、ナツさん!確か最低   がG で最高がEX だった筈です。」
ナツ「そんなに凄いのか!Lv 1でDというのは!   それでウルはLv 1で総合評価はどの位だっ   たんだ?」
ウル「えっーとそれは...あ、もう時間来ました    。のでここで終わりにしましょう!では引   き続き勇者であり魔王でありを読んでくだ   さい。」

ウルLv 1の時の総合評価A

<ステータス>
 Lv 1 
 称号 無
 属性 無
 力 15
 魔力 2
 耐久 11
 敏捷 23
 瞬発力 31
 職業能力ジョブアビリティ 無
 固有能力ユニークアビリティ 絶対心眼アブソリュートアイ
 技 無
 耐性 無
 総合評価 D
<備考>勇者適合有り 魔王適合有り

「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    何故かやけに読みにくかった…

    0
コメントを書く