勇者であり魔王である

ばたふらい

第7話 ステータス

俺は絶世の美女と女騎士と一緒に話しをしながら、ギルドへと向かっている。

「そういえば、自己紹介が遅れたな私がウル様に仕える 騎士 レイナだ。これでも一応レベルは31だ。あと、ナツと呼ばしていただこう。」

女騎士ことレイナはなんでも王宮に仕えるかなりの名門家らしい。そしてレイナは美人ではあるが、絶世の美女 ウル様には劣るがな。レイナは黒髪で、顔立ちはかなり揃った美人。

「私も一応、現勇者 ウルでございます。そして一応証拠に右手の甲には勇者の紋章が。」

ウルは俺に右手の甲を見せた。何というか東西南北の記号みたいな感じだった。

「あっ、見えました。あれがギルドです、ナツさん。」

その建物の外見の前方は国会議事堂?みたいな感じだ。

「ナツさんは驚かないんですね。田舎から来た人は大抵驚くんですよ。」

「え、あぁうん驚いているよ」

ぶっちゃけ、みたことのある建物だもん。とはいえなかに入ると国会議事堂とは違った。

「左手が冒険者や旅人が利用する食堂で、右手に見えるいくつかあるボードが依頼クエスト。そして前方に見えるのが、ギルドの受付です。って、聞いてますナツさん!」

中はかなり木で出来た構造だった。左は食堂というより酒場みたいで、右はなんか色々なボードがある。そして前方見れば、可愛い受付嬢が見える。

「ナツさん!!」

「えっ、あぁうん。」

「私の話聞いてましたか?」

「もちろん聞いてるよ。」

「ふむ、だったらナツ ウル様が話したことを一言一句間違わず話してみろ。」

何故かレイナは怒り気味で突っかかてきた。

「えぇと確か...ごめんなさい聞いてませんでした。」

「ふん、私はウル様が話したことなら言えるぞ、
左手が冒険者や旅人が利用する食堂で、右手に見えるいくつかあるボードが依頼クエスト。そして前方に見えるのが、ギルドの受付です。って、聞いてますナツさん
だ。どうだ見たか凄いだろ!」

ごめんなさい、そこまで言えると逆に恐いです。

「レイナ、あなたがそこまで言えるのは知力が高いお陰でしょ!」

ウル...それは知力どうこうの問題じゃないと思うんだ。

「ウル様のお言葉なら、知力が低くても私は言えます。」

「あの...それより俺ステータス確認したいんだが...」

「あぁ、そうですよねナツさん。」

そして俺は今ギルドの受付嬢の前に立ち、

「すいません、ステータス確認したいのですけど」

「はい、ステータス確認ですね。その前に、ギルドへの登録はお済みですか?」

「いえ、したことないです。」

「でしたら、こちらの紙にご記入をお願いたします。」

受付嬢から和紙みたいな白紙と羽根ペンを渡された。そこには俺が17年間見たことのない文字だった。しかし、何故か俺は読めている。そこには

<名前>

<種族>

<職業>

と書いてある。そして書くこともできた。何で俺、異世界の文字を理解しているんだ?はっきり言える、俺は17年間確実に見たことがない文字だ。それを俺はどうしてだか、書く・読めるができる。ただ、言えるのは何故か俺は知っている。どこで?いつ?ダメだそれは思い出せん。そう思いながら、羽根ペンで描き滑らせるように書いた。

<名前>ナツ

<種族>人間ヒューマン

<職業>旅人

それを受付嬢に提出した。

「はい、登録は完了です。ステータスの確認ですね!どうぞ!これはついさっきの紙もそうですけど、精霊紙と呼ばれるものです。この精霊紙は精霊と精霊使いが作り上げたものでこれにステータスなんか確認することが出来ます。」

精霊紙といわれる紙と針を頂いた。

「針で血を一滴紙に流せば、ステータスを確認出来ます。」

言われるがままに俺は行った。そうすると白紙だった紙から突然文字が浮かんだ。

<ステータス>
 Lv 1 
 称号 無
 属性 無
 力 15
 魔力 2
 耐久 11
 敏捷 23
 瞬発力 31
 職業能力ジョブアビリティ 無
 固有能力ユニークアビリティ 絶対心眼アブソリュートアイ
 技 無
 耐性 無
 総合評価 D
<備考>勇者適合有り 魔王適合有り

うん?何だこの備考に書かれているのは?おかしいぞ!
勇者適合有り?魔王適合有り?何だこれは?
目を凝らしても書かれているのは同じだ。
あれ〜確か勇者は世界に一人しかいないはずだよな?では何故ここに勇者適合有りと書かれているのか?あれかな、現勇者死んだら次は俺的な感じかな。では何故魔王適合有りなど書かれているのか?ダメだ分からん!

「なぁ、受...」

「凄いですね、ナツさん。まさかの固有能力が持っていて、しかも絶対心眼(アブソリュートアイ)だなんて!」

えっ、突っ込むのそこ!!いや、もっとおかしな部分があるでしょ!

「ほんとだな、確かに固有能力でかなりレアもの持っているなナツ」

いや、だから突っ込むところはそこじゃない!!

「何、二人とも!!突っ込むところはここでしょ!!!この備考に書いてあるところ!!」

二人は何が?という顔をしている。

「いや、だから備考に書いてあるこれ!!!」

それでも二人は何が?という顔して、首を傾げた。

「あーん、大丈夫か?その...ナツ疲れているのか?備考には何も書かれてないぞ」

はっ、何を言っているんだ!ここに書いてある
勇者適合有りと魔王適合有りってうん書いてあるじゃないか!!

「ナツさん、大丈夫ですか?」

「もしかして、これ俺にしか見えてない?」

「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く