勇者であり魔王である

ばたふらい

第4話 初めての村

金子は村を探すためにただひたすらに歩きまくった。そこでやっと木の堀で囲まれている集落らしきものを発見した。そこに一人のいかにも村娘と思わせるほどの人物を発見。

「なぁ、ちょっとあんた「きゃー、お久しぶりの旅人さんです。ようこそお越し頂き有難う御座います。早速ですが、旅人さんお宿はどうしますか?いえ、まだ朝食あれでしたら?」

「いやあの...」

「旅人さん、お外のお話お聞かせください」 

「いやあの俺異世界転生でして」

「.....!!! 異世界転生それは神の導き。あぁ、我が主神よ この世に光が舞い降りました」

「あのーーー」

「今から村中の人を呼んで宴の準備をいたします。少しお待ちを転生者様」




15分後

「おおー、あなたが神の導きによる、転生者様。流石は神に選ばれし者なんと美しい」

村中の人に同じようなことを言われまくって、やっと発言権をゲットした。そしていつのまにか俺の目の前にはご馳走といっていいほど、豪勢な食べ物がずらりと並んでいた。とりあえず、色々聞きたいことがあるが一番は...

「なぁ、村長  この世界における神さまの名前何だ?」

何せさっきから、こいつらは「神、神」を連呼してくるからな。

「それはアルブレヒト様でございます、転生者様」

「ロッターという名じゃなくてか?」

「はて、ロッターとは誰のことでしょう?」

うん?ロッターを知らぬのか。だとしたら考えられるのは異教の神か?

「運命神 ロッター本当に異教の神でも聞いたことはないか?」

「聞いたことないですね、転生者様」

「じゃ次だ。何故お前達は俺が転生者だと知った瞬間喜んだ?」

「それは簡単です、転生者様。あなた様が神の導きにより招かれた選ばれし者だからです。この世界へ来るには、神の力が必要ですから。神に選ばれたということはこの世の悪 魔物を始末して私たちを光へと導く者ということですから。」

この世界には魔物がいるのか。流石の俺でも魔物は知っている。何せ、RPGを幾度かやったことがあるからな。ん...ちょっと待てよということは

「なぁ、この世界には魔王がいるのか?」

「はい、居ります。魔王は魔族の上に立ち、魔物を使役する奴ですから。あっ、この世界には魔王が何人か存在しております。奴らは一番最強と謳われた魔王 バルの子孫です。しかし、最強魔王は我らの英雄 初代の勇者 ビル様にやられ、この地を去りました。そして、初代勇者はこの地でウルティーナ様と結婚し、ビューレ王国を築き上げました。そして今でも魔王軍と戦う日々であります。」

「成る程、それより初代勇者ってことはまだこの世界にもまだ勇者がいるということか?」

「はい、居ります。今の現勇者はこの国の姫   メル様で御座います。あれほど、若く可憐で美しい勇者は...失礼、勇者というのはこの世界でたった一人の選ばれし者で御座います。現勇者が亡くならればまた新たな勇者が選ばれる、これが勇者というものです。」

へぇ、まさかのお姫様が勇者とは驚きだ。一度会ってみたいものだ。さて、まあ色々この世界については知れたから良いとして

「なぁ、俺...何をしたらいいの?ぶっちゃければ、勇者が魔王倒すなら、俺要らないじゃん。」

「何をおっしゃいますか!勇者とはいえ、魔王は厄災級と言えるほど強いため幾たびも勇者達は命を落としました。だから、少しでも勇者の負担を減らすため、勇者の仲間が魔王の配下を止め、勇者様が魔王倒す。そのためにどうかお力をお貸しください。もしよろしければ、王都に行ってみれば良いのではないでしょうか」

「王都...しかし俺は王都の行き方を知らないのだが」

「私が明日、王都にお連れ致しましょう!」

色々話しているうちに、夜になっていた。そして、村長の計らいで俺は宿に泊まることになった。




「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    村長「ぐへへ…かもがなべしょって来よったわい……あいつが有名になればここも有名観光地に……ぐへへへ」

    その男は不気味に笑った……

    0
コメントを書く