勇者であり魔王である

ばたふらい

第2話 運命神ロッター

キーンコーンカーンコーン!!

この7限目 授業終わりのチャイムは大好きだ。
はっきり言ってしまえば、学校という俺にとっては居心地の悪い場所から離れることができるからだ。ここは本来 安らぎな場所になるはずだった場所だが色々あり最悪の場所になっている。  そんな俺からすれば、帰りたいのは誰でも分かる。だったら何故お前はこんな場所に居るんだ?と誰かは思うのだろう
答え もし俺がここで挫けたら、ニートと化してあの家に行く。そしてあのバカ家族ともう一度暮らす羽目になる。そんなことになるぐらいなら、この高校生活を乗り切ってやる。そして黒歴史とバカ家族とおさらば出来る場所に行って一生過ごしてやる。

やはり、一人暮らしは最高だ。俺の唯一の安らかなオアシスよ。さあ、土日は休みだ。思う存分に寝ようじゃないか!
そして金子は部屋の電気を消し、頭を天井に向け就寝しようとした瞬間だった!

「もう、お眠りになるのですか?」

「......はぁ!!!」

「あのだから、お眠りになるのですか?と私
運命神 ロッターは聞いているのですよ」

「お前どこから入って来やがった!!」

「えぇーと、最高位魔法世界移動ワールド・ワープで来ました!」

「というか、体が動かねーー」

「それも魔法の一種ですよ!」

「お前どこから入って来やがった!!
 そして何だその格好は?」

「同じ質問繰り返してやがるのですよ、あなたの知能数は底辺ですか?大丈夫ですか?そして
あなたの質問に答えます。最高位魔法世界移動ワールド・ワープで来ましたとこの格好はこの世界に来るために必要な魔法具ですよ」

運命神?と名乗る者は髪が紅で、真っ黒なローブを着て、顔立ちは美少年さながらだ。

「とりあえず、分かった。いや、分かってないが分かった。そして質問だ。お前は何で俺の部屋にいる?」

「答えは簡単、あなたを理不尽に思ったから。
だからといって、解決出来るわけでもないが。まあ、それでもあなたの運命のために助けましょう!!ほんとはこんなことするのは運命神の仕事では有りませんが、やっぱりあなたをこのまま放っとくと、めんどくさいので、とりあえず異世界に飛ばすので頑張って下さい!!」

「はぁ、異世界?」

「ファイト!!」

運命神は親指を立てながら、にこやかな笑顔で言い放った。

「勇者であり魔王である」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く