話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

主人公が作者に文句をいってくるのですが‼~主人公は普通の高校生活を歩ませてもらえないそうです。

ほむほむ

第1章 第4話 優徳と作者の会話「頭の中」


作者「どうも~~~~!元気してる?優徳!ふふふどうかね?。」
おい!作者何勝手に人の頭の中に語りかけて来てるだよ。てか、お前の考えた設定のせいで変な誤解が浮かんだだろが!!どうしてくれるんだよ!!!
作者「しらんがな~~~~、なるようになるさきっと。」
おい!作者なるようになるさって他人ごと見たいに話すなよ!?俺の学園生活をもっと穏便に送らせてくれよ!!
作者「ふふ……ふ……どうだろね!!」
あ、これダメだは絶対大変になるパターンだね。よし、作者に説教 (物理)をしよう。俺は右てで拳を握りしめながら作者に向かって行った。 
作者「これから君は大変なことになるし、それに君の性癖を!?「いっぺん死ね作者!!」」ついに、ついに、殺ってしまった……………………作者よ南無~~~~~、俺は作者の埋まっているであろう壁に向かって手を合わせた。
作者「おい?殺すなよ~~~~~!!俺は死なないよ~~~~!バーか。」

「主人公が作者に文句をいってくるのですが‼~主人公は普通の高校生活を歩ませてもらえないそうです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く