ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

シングルアゲイン

彼がトンネルに入っていくのを見届けた後、私はトンネルに背を向けて歩き始めた。草むらを出ると砂浜に私と彼の足跡が残っていて、それを見ないように顔をあげて遠くを見ながら歩いた。





気づくと竹内まりやのシングルアゲインを口ずさんでいた。

変わり続けていく
街並みのように
元には戻れない
若き日の二人

彼女を選んだ
訳さえ聞けずに
ただ季節は流れ
見失った約束

また一人に帰ったと
風の便りに聴いてから
忘れかけた思いが胸の中でざわめく

私と同じ痛みを
あなたも感じているなら
やっと本当のさよならできる




桟橋では高橋さんが船に乗って待っていた。私を見ると彼は何も言わずに頷いた。

船が島を離れ沖に進んでも、私はずっと半島の先のトンネルを眺め続けていた。




「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く