ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

16

 一旦コンクリートの建物に戻って一通り片付けた後、出発の準備をした。
「結局役に立たなかったわね、それ。」夕張は笑って僕のレインコートのポケットを指さした。
「そんなことはないさ。」僕はむきになって雨で湿ったカロリーメイトを頬張った。高橋さんが扉のところに立って笑っていた。

「そろそろ出発しましょう。」と夕張が言った。高橋さんは僕が眠っている間一人で街に戻っていたようで、しばらく部屋で寝たいと言った。夕張と外へ出て後ろで扉を閉めると、何か一つの物語が終わってしまったような気がした。

「これからどこへ行くんだろう。」歩きながら僕は言った。夕張は一瞬困ったような顔をした後、僕のほうを見た。
「本当はね、あなたに会うつもりは無かったの。会ったところで何かが解決するわけじゃないからね。」
「でもあの日君は喫茶店で僕に会った。」
「もっと前からよ。」
「前?」


林が終わり、広い叢に出た。左右に海が広がっていて、正面には小さな島が見えた。
「あかりにはたくさんのことを教えてもらった。」
「そう?」
「彼女は限定された集合の中で生きているんだ。そして、その集合の中には、洗練された限られたものしか入ることはできない。」
そう言って僕は両手をちょうど肩幅くらいに開いて集合の領域を現した。
「あなたはそれに入ることが出来たと思う?」
「たぶん僕は一生かかっても彼女の限定された集合の中に入ることはできないと思うよ。」

夕張は立ち止まって僕の手を取った。僕は驚いて彼女の顔を見る。
「あなたは本当にそれを信じてる?」
彼女は本当に真剣な顔で僕にそう言った。
「ああ。信じてるよ。」

 僕たちは一番端の砂浜まで歩いた後、そこへ並んで座った。
「僕はまだ自分のしたことが正しいのかわからないんだ。僕はあかりに何か与えることが出来たのだろうかって。」
しばらく考えた後、夕張は言った。
「正しいって英語でなんて言うか知ってる?」
「LIGHT。君のことだよ。」
風が強く吹いて、隣に座っている夕張の髪はさらさらと流れた。
「あかりがあなたと一緒にいることを選んだ理由が分かるわ。」











「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く