ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

15

 起きると誰もいなかったので、僕は起き上がってしばらく体をなじませた後外まで歩いて出てみた。

 桟橋には高橋さんの船が泊まったままで、そのそばで夕張が何かしているのが見えた。
 砂浜に座って海を見ていると夕張が気づいてやってきた。
「気分はどう?」
「さすがにおなかがすいたよ。」そう言って僕は笑った。
「ちょっとまって。カップラーメンくらいしかないけれど。」
服の裾で手を払った後彼女は歩いて行った。

僕が船のところまで歩いていくと、高橋さんはいくつか荷物を整理していた。
「おはようございます。」と僕が言うと、
「おはよう。」と高橋さんもあいさつをした。
「気分はどうだ?ずっと寝とったから心配はしとったんじゃが・・・」
「体調は大丈夫なんですが、何も食べてないのでおなかがすいてしまいました。」
「明け方で一回安浦まで帰って、そこでいろいろと食べ物を買ってきたところじゃ。向こうのほうはかなり被害が大きかったみたいで、呉線はしばらくは使い物になりそうにないの。道路も川沿いのところはほとんど崩れてしまっとった。」
「そうですか…」
「スーパーも品切れ状態みたいで、とりあえずカップラーメンくらいはあったから買ってきたんじゃが。」
「ありがとうございます。」
高橋さんと別れて、砂浜を歩いて戻っていると遠くに夕張が何か持って歩いて来るのが見えた。
「作ったわよ。あと1分30秒ってところかしら。」
片手に持っていた豚骨のカップ麺を僕に渡し、もう片方の醤油味を防波堤に置く。

「あなたが眠ってる間に高橋さんがあかりのところへ行ってきたって。幸い土砂崩れとかそういう心配はなかったみたいだけど、畑の土が流されてしまってたらしいわ。一人で元通りにするのは無理ね。」
「彼女は元気にしてた?」
「それはもう。あんな風に自然の中でゆっくりと生活するのが、彼女にとっては一番合ってるんじゃないかな。」
「それはよかった。」

桟橋を高橋さんが歩いているのが見える。
「あかりは、僕のことをなんて言ってた?」
夕張は何も答えなかった。ただ広い海を眺めているだけだった。

「日が昇るとさすがに暑くなるわね。」
「夏だからね。梅雨が終わると暑くなる。ずっと昔からそうだ。」

そして僕たちは黙ってカップラーメンを食べた。


「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く