ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

3




もう一度旅の話をしよう。
 かつて僕は目的を持った旅を楽しんでいた。おいしいものを食べるため、友達と遊ぶため、山に登るため。そういった旅では交通手段、宿泊先、全部が計画されていた。計画通りに旅するのも楽しかったが、気づくと僕はいつの間にかその場で気の向くままに歩く旅を好むようになっていた。
 旅のスタイルがそのように変化してから、僕は開放的な気分を味わうことが出来ていることに気づいた。あるいは旅に出ている時くらい決められた通りに行動するのではなくて、自分の思うままに行動し、素晴らしいものに出会い、その直感が間違っていなかったことを証明することに快感を覚えていたのかもしれない。





 この物語は5月3日から始まり、7月31日に終わる。




 神戸を訪れるとき、僕はいつも川崎重工の西のはずれにある小さな港で昼食をとる。兵庫で列車を降りた後コンビニで簡単におにぎりやサンドイッチを買って、20分ほど歩いて港まで行くのだ。

 港は長方形の形をしていて、僕はその辺のひとつひとつをゆっくりと歩いて回った。いくつかの錆びついたドッグやクレーン、古びた貨物船なんかが浮いている。堤防沿いに歩いていると桟橋と船がこすれるようなポーンポーンという音が聞こえてきて、それは不思議と僕を落ち着かせた。最後にやってきた北の一番端には小型船舶用のドッグが備え付けられていてクレーンのアームや送電塔が複雑に乱立し、ワイヤーや電線が頭上で絡まるように張り巡らされていた。 あの独特の音はこのあたりから聞こえてきているようだった。その風景はあまりにも僕の心に響いたので、いつもその風景をずっと眺めていた。

 僕は黄色と黒に塗られた堤防に腰かけて袋を開けて昼食を食べた。遠くに空を海鳥が飛んでいるのが見える。

 おにぎりを食べサンドイッチにとりかかっていると、前を同い年くらいで髪をきれいに切りそろえた可愛い女の子が通り過ぎた。僕は何気なくその子が遠ざかっていくのを眺めた。彼女はしばらく向こうまで歩いて行ったあと、思い出したように向きを変えてこちらへやってきた。僕は彼女が歩いて来るのをサンドイッチを食べながらじっと見つめていた。

「どうしてこんなところでたべてるの?」彼女は僕の前までやってくるとそう質問した。
「ここから見える景色が好きなんだ。」と僕は答えた。彼女は海を眺めた後錆びついた台船を眺め、そして僕のサンドイッチを眺めた。
「なんで海なんて見てるの?」
「海が好きなんだ。」
「もっとほかの場所に行けば?もっと奇麗な海が死ぬほど見れる場所だってあるわよ。」
僕はサンドイッチの最後のかけらを口に放り込んで頷いた。全くその通りだ。

 僕たちは結局電車を二駅ほど乗り継いで塩屋で降りた。
駅から浜まで歩く途中、「垂水のほうが奇麗なんだけれど、」と彼女は言った。もちろん海の眺めの話だ。「あそこは人が多いから。」

 僕たちは垂水にある突堤に腰を下ろして死ぬほど海を見た。
「どこから来たの?」
「広島。」
「私も広島に住んでたことがあるわ。」
なるほど。

「ねぇ、何かあったの?」と彼女が質問をした。
「何もないよ。形あるものは壊れるし、出会いの後には別れがやってくる。恐竜の時代から皆言ってることだ。」
彼女は楽しそうに目を細めた。
「どうして声をかけたか分かる?」
僕は分からないという風に首を傾ける。
「似てたからよ、兄にね。最後にあった日そうやって海を眺めてたのよ。あなたと同じ目をしてたわ。」
「お兄さんのことは好きだった?」
「覚えてないわ。」

遠くにコンテナをたくさん積んだ外国籍の船が見えた。それは僕にいつか聞いた九龍城砦の話を思い出させる。

「これからどうするつもり?」
「家に帰るよ。8時までに帰らないと親に怒られるんだ。」
彼女は笑って「さようなら。」と言った。










「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く