ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

12

 いつ頃からだっただろうか、僕の中で海という存在はどこか変わったものになってしまっていた。
 かつてあかりがそばにいた頃、僕の眼に映る瀬戸内の景色はもっと輝いていたはずだ。





遠くを一隻の渡船が進んでいるのが見える。
最後に船に乗ったのはいつだっただろう?




あかりと尾道を訪れた時、そういえば向島の渡船に乗った気がする。それが最後になるだろうか。

その日の、ちょうど昼のことだ。僕たちはこんな会話をした。
「お昼はどこへ食べに行こう?」
「私、お昼は食べないわ。」
「お腹空かないの?」
「えぇ。いつもお昼は食べてないの。」
 ふむ。
「でもりんごは好き?」
「りんごは好き。」
「なるほど。」

僕が近くのお店でラーメンを食べている間、彼女は近くの商店街でりんごを買った。

「心配なら、病院で診てもらったほうがいいんじゃないかな。」
帰りの電車の中で、僕は窓の外を流れる景色に向かって問いかけた。

☝︎あかりは何も答えなかった。





「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く