ワールド・ワード・デスティネーション

抜井

1.3 嵐

 朝から降り続いていた雨は昼を過ぎるころに本格的に強くなり、夕方にはまるで空がそのままバラバラになって落ちてきてしまうんじゃないかと疑うほどの土砂降りになっていた。
 私はまだ本格的に振り出す前、朝早いうちに大抵の見回りを済ませていた。畑の野菜はこれ以上雨に降られるとはじけてしまいそうなのがいくつかあったので、そういったものを選んで収穫してきた。倉庫の方はいつもどこかしら雨漏りするので、荷物を比較的ぬれない入り口から遠い場所へ運んでおいた。
 赤レンガの家は山からは離れていたので土砂崩れに巻き込まれる心配はなかったが、それでも一人で部屋にこもりじっとしておかなくてはならないのは不安だった。裏に積み上げてある高橋さんからの物資も心細くなってきていた。というのが、いつもは余裕をもって生活用品を届けてくれる高橋さんが、めっきり姿を見せなくなっていたのだ。私はため息をついて段ボールを一通り部屋まで運び、とりあえずの気休めに備品を整理しておいた。
 テーブルに座って雨の音を聴いていると、途中ゴロゴロという不吉な音が響き、何度かステンドグラスの向こうで空が点滅した。

 私は雨というのが好きだった。雨の重たいにおいや、外の暗さ、人々の憂鬱さ、そういった感覚で世界が満たされているのにとても共感できたのだ。しかしそれはあくまで普通の雨に限る。半日もすればすぐに止んでしまうような雨のことだ。今回の雨はそういった種類の雨ではない。何日も続く激しい雨、大量の水は山を削り、濁流となって、河川を氾濫させる。土にしみこんだ水は、各地で土砂崩れを発生させる。
 古びた木枠の窓から遠くに見える空を望むと、はるか向こうまで雲が続いているのが見えた。





雨降りというと、ボブディランの激しい雨を思い浮かべる。私は大きくなるまで歌詞の内容を知らなかった。高校のあるとき偶然どこかレコード店に寄った時にボブディランのレコードを見つけ、そこで歌詞を見たのだ。





青い瞳の息子よ、いったいどこで何をしてきたんだい?

可愛い息子よ、何を見てきたんだい?

6つの曲がった道路をのろのろと走り、
12の死んだ海に出て…


そして激しい雨が、雨が今降っている…


可愛い息子よ、何を聴いてきたんだい?

警告を知らせる雷の轟音
世界をも飲み込む波の音…

そして激しい雨が、雨が今降っている…


And it's a hard,
it's a hard,
it's a hard, 
and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall.....







「ワールド・ワード・デスティネーション」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く