話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

平凡男子の受難

安里あさ

act.39

「柊真。遅れちゃうよ?」

鈴を転がすような声が聞こえて柊真先輩の顔が離れていく。
そこに居たのは沙那先輩と同じ位の身長で髪も目の色も漆黒、唇は色艶良く赤い
大和撫子そのもののような女性。

「ああ。悪かったな、すず。」

そう答えた柊真先輩は、シャツを掴んだままだった俺の手を下ろさせ、頭をクシャりと撫でてから
すずと呼んだ女性の元へ歩き出した。


「突然すまない、
待たせてしまったな。」

「いえ、でもそろそろ行きましょう?
皆待ちくたびれているかも」

クスクスと口元に手を当てて歩く鈴さん、

「そうか、それなら一緒に怒られてくれ。」

その横を笑いながら歩く先輩に
心がツキリと音を立てた気がした。

誰が見てもお似合いの2人。
冗談を言い合っているのか時折肩に、腕に軽く触れる仲良さげな背中が遠ざかっていく。

「結吏・・・?」
「っ、沙弥、」
「僕らも行こう?」

声をかけられて、先輩達とは逆の方向へ歩き出す。

その後、授業を受け寮へ帰宅しても
心のもやもやが晴れてくれることは無かった。




―――

皆様いつも読んで頂きありがとうございますっ。遅くなりましたが、久しぶりの更新です進まなかったですすみません…!

「平凡男子の受難」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く