話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

平凡男子の受難

安里あさ

act.番外編 *

(結吏がちょめちょめされるだけのお話し。会話文です)

―――――


「って事で、もう手っ取り早くいちゃらぶしよ?」

・・・

「はぁ?!ッお断りです!!」
「あっちょっと!逃げないでよ!油断も隙もないんだから~」
「っ俺のセリフですよ!すでに嫌な予感しかしないし!ってゆうか、背中から羽交い締めにするのやめてください!」
「そんな事言わないでよ。リクエストも貰ってるし、僕もそろそろ・・・ね?」
「ね?じゃありません!第一リクエストって何のことですか?!、ってちょっ!待っ、どこに何入れて、って、アァ・・・っ!?」
「はいはい、このオモチャでいーっぱいしてあげよーね?結くんてばいじめられるの好きだもんねぇ。」
「っャ、ッ・・・?!ぁぁあぁ・・・っ!」
「ふふっ。何だかんだコレされちゃうと、気持ちいーんだねぇ?かわい~なぁ」
「ぁ!あぁっ!んぁぁあ・・・っ!!!」
「あれ?もうイっちゃったの?早くない?」
「あっ!?待っ、や、ァぁあっ、!?」
「ね、教えて?イったの?それとも、」
「いァア・・・!イっ、たの、ぉっ!イ・・・ッ!(ビクンっ!)」
「ふふっ!ほんとだねぇ~ほら、もっとイっていいよ?」
「ゃ、やァっ!ンぁ!ぁああぁあっ!!」
「またイったねぇ。結くん今何回目ー?」
「ふぁ!、?な、んかぃ・・・?ッんァ!あ・・・っ!」
「うん。何回イっちゃったの?」
「ッぁ、!あぁぁあーっ!!」
「またイった。結くん溜まってたの?」
「んぁっあ!・・・っん、くっ、っわ、わから、な!」
「ふふっ。泣かないで、結くん。」
「ふぇ・・・っ、だ、ってぇ、わ、か・・・!とめっ、っん、ぁっあ!」
「またイきそうだねぇ?イっても大丈夫だよ~」
「んッ、ふぁ・・・っ!?あ・・・ッ!」
「ここかな?気持ちいいの?」
「ンんっ!ぁあ?!・・・・・・っ!!(びくびくっ)」
「ん?そんなに締め付けられると動かしにくいんだけど、」
「ンっ・・・!ぁ、あ、」
「かわいい・・・そんなに泣いて、ン、」
「ふぁ・・・っ、んく、んっ!せんぱっ、とうま、せんぱ、っ」
「ふふっ。なぁに?」
「止め、てぇっ、ッふあ?!っ、中ぁっ!」
「んー、嫌。まだ答え聞いてないからねぇ。よいしょ、」
「ンああっ!!」
「答えるまでこのままね?ふふっ!そうだなぁ~、答えられたらご褒美あげちゃうよ。」
「あぁああっ!?ん、あぁッ!さ、3か、いっ!」
「え、3回でいいの?」
「んぁ!あ・・・ッよ、ん?4かいっ、?」
「へぇ、4回?」
「よんっ、ぁ!?やぁあっ・・・・・・ッ!!」
「ふふっ、ドライでイっちゃったの?」
「っ!・・・ッ、!ふ、ぇ・・・、」
「結くん?あら・・・よしよし、こっち向いて?」
「もっ、や、って・・・、止め、てって、言ったぁ・・・ッ、」
「ん、ごめんね?ごめん、」
「ん、・・・ん、ふぁ、っ」
「ン、ん・・・。ふふっ、ちゃあんと答えられた結くんに、ご褒美あげなきゃね?」
「ズッ、ん、ごほうび・・・?」
「うん!コレ、好きでしょ?ふふっ、」
「え。えっと?あの、ちょっ待っ、」
「オモチャなんかより、気持ち良くしてあげるから、ねっ、」
「んァあぁああ・・・っ!」
「結、吏っ締めすぎ・・・ッ、」
「んぁ!ふぁあっ、ああ・・・?!」
「く、前さすってやるから、力抜け・・・っ、」
「や、ぁあ!ふあっ、ん!んんっ!!」
「チュ、ん、結吏っ、ッゆーり、」
「ん、ふっ、ぁ、せ、んぱっ、」
「っく、結吏動くぞ?」
「ゃ、まだっふぁぁああっ!?」
「っ、ふ、」
「んァあ・・・ッ、あああぁああっ・・・!」
「早ぇなッ・・・、はっ、・・・結吏、もう少し付き合え。」
「ま、待ってぇ柊真先輩っ、ああッ!」

―――

「はっ!」

チュンチュン―

「朝・・・?ッて事は..!全部夢っ?!」

.........。

「・・・着替えよう。」


―――――――――


(ガチャ、)
(良かった!まだ先輩起きてない!今のうち、)
(ジャー・・・)
(はぁ、朝からなんで自分の下着洗わなきゃいけないんだろ......、)

((ひょこっ)おはよう~何してるの?)
(とととと柊真先輩ぃっ!)
(ふふっ、おはよう?)
(お、おはよう、ございますっ、(咄嗟に背中に隠した))
(おはよー(ちゅっ)ねぇ、何してたの?)
(ふぇ!?な、何でも、無いですよ?)
(ふーん。・・・何してたの?)
(、何でも)
(何してたの?)
(ちょ、近いですっ、ん!)
(ねぇ、何隠してるの?)
(何でも、っん、ふぁ、っ!)
(ふふっ、何してたのかなぁ?)
(んっく、っあ、ん、!)
(ふふっ!こんなに固くして、かわいいねぇ?)
(んあ、あっ!?ああー・・・!)

(結局、また履き替える羽目になった・・・)
(~♪)


夢オチ。
洗いざらい吐かされた上にイタズラされちゃう結吏。汚れた下着は2枚とも柊真が干しました。

「平凡男子の受難」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く