皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~

亜里沙 海里

38話 ランクス①

前書き

今回はランクス視点です。






本文

 

  「わたくし、アリア・サマヌーンはアリア・リンカーヌとなり、ルイス・リンカーヌを愛し共にリンカーヌ王国に尽くすことを誓います。」


 私達の目の前で純白のドレスに身を包み愛しい女性が違う男性との共に生きる誓いをたている。


「ランクス······アリアは他の誰よりも綺麗なだな·····」


 本当に·····。

 その言葉を私にかけてきたのは、我が国、サマヌーン国の皇太子であられるギルバート様だ。



 私の名前はランクス・グルブルス。グルブルス公爵家の嫡子である。目の前の花嫁であるアリア様の元近衛隊副隊長を勤めてきたが、今は騎士団を退団し、文官へと転属し宰相という立場になっている。いや、まだ正式には宰相に任命はされていないので、ガライ宰相の代理としてアリア様の結婚式に参列をしている。


 アリア様······。本来なら貴女の隣には私が立っていたはず。



 アリア様がお産まれになられたのは私が六才の時。

 サマヌーン国の姫の大体は貴族と婚約し降家されることが多かった。グルブルス家は、サマヌーン国でもかなりの有力な貴族だった。グルブルス家ではもう何代と王族と婚姻を結ぶことはなかった。無くても権力はあったからだ。それに王族より、地を固める為に他国の貴族との婚姻を結び、権力を確固たるものにしようとした。


 この度もそうするつもりだったのだが、ある日サマヌーン国のメンデル国王に言われたのだ。

「お主の息子とうちの娘の誰かと結婚をさせよう」


 父も国王に言われたら断れない。


「了承しました。」


 だが父はある条件を出した。メンデル陛下には既に二人の姫、カトリーヌ様とバーバラ様がいたが、父はその二人を嫌がったのだ。二人の姫は当時からかなり我が儘で周りを困らせていたからだ。

 父はヘンデル陛下の側妃である白銀色の髪の毛をしているマリアンヌ様に女の子が産まれたら婚約させるという条件を出したのだ。マリアンヌ様は平民出身で身分も低かったが、父には関係なかった。他に見ない稀な綺麗な容姿をして心優しいマリアンヌ様の御子ならきっと可愛いくて優しい子が産まれるだろうと踏んだのだ。見事に父の予想は的中した。マリアンヌ様の白銀色の髪で容姿も受け継いでいたのだ。

 アリア様は産まれた瞬間から私の婚約者だった。

 だが、私が9才、アリア様が3才の時に急変した。今、アリア様の隣いるリンカーヌ王国の皇太子ルイス殿下がアリア様に求婚したのだ。リンカーヌ王国は大国、皇太子に求婚されたら断れるわけでもなく·······私とアリア様の婚約は白紙になった。



 私は落ち込んだ。私はアリア様に夢中だった。周りにはアリア様との婚約は周知だったが、アリア様が五才になった時には婚約を正式に発表する予定だった。



 ヘンデル陛下はカトリーヌ様かバーバラ様のどちらかを私の花嫁にどうかと言われたが断った。

 当たり前だ。アリア様を散々いじめていた人なんかと結婚する訳がない。


 婚約が白紙になってもアリア様のそばにいたくて騎士団に入団し、父の権力と父の親友でもある近衛隊総隊長のナカルディア様のコネで、アリア様専属の近衛隊に配属された。

 すごい幸せだった。

 叶わぬ恋だったから一時期は腐って女遊びもした。

 アリア様が12才の時にリンカーヌ王国へルイス殿下に内緒で行くことになり、道中も盗賊に拐われたりと色々あったが楽しかった。

 その際にルイス殿下の裏切りが分かった時は、ルイス殿下と婚約破棄をし、私と共に人生を歩んでくれるのではないかと思ったが·······。

 本人の意思とは裏腹に、周りはそれを許してくれなかった。

 私はアリア様と逃げる決意をした。そのことをアリア様に申し上げたが····拒否された。


『私は国の為に嫁ぐ』と······。


 私は頭にガツーンッ!ときた。アリア様の顔は真剣で決意は固いと悟り諦めた。

 そして私は新たな決意をした。サマヌーン国を為に「宰相」になり、サマヌーン国を強く豊かな国にすることを。

 その為には権力が必要と感じ、前から断っても断っても、結婚の申し込みがきていたバーバラ様と婚約することを決めた。



 だがそれは間違いだった。


 一年ぶりに見たアリア様は凄く綺麗になられていた。

 心が······心が踊った。


 会わなかった一年間で心の整理がついたと思っていたのに、いざアリア様と会ったらまだ好きなのだと再認識をした。


 今、そのアリア様はルイス殿下と婚礼を挙げている。本来なら私がアリア様の隣に立っていたはずなのに。胸が苦しくなる。



 その日の夜は、アリア様の純潔がルイス殿下の物になると思うとなかなか寝れなかった。


 次の日の舞踏会の時にアリア様とルイス殿下に祝辞の述べる貴賓客たち。ルイス殿下の側妃たちの国の貴賓方々を見ていると、アリア様を舐めるような目線を送ったり、アリア様をほぼ無視してルイス殿下ばかりに話しかけている輩ばかりだった。


 それでもアリア様は笑顔で対応している。

 遠くからだがそんな光景を見ていると


 アリア様は幸せになるれるのか·····。

 と頭によぎった。


 いくら国の為にとは言え、アリア様が皇太子妃なってまでも侮蔑されるのは堪えられない。


「ランクス、険しい顔になっているぞ。」


 ギルバート様に言われて、我に返った。


「そうですか。申し訳ございません。」


 私は素直に謝った。


 私達も祝辞を述べた。まだお話をしたかったが、後ろにはまだまだ貴族たちが祝辞を述べる為に待っていたので断念をした。


 しばらくすると体調が悪いからとアリア様が席を立って会場から退出された。

 アリア様がいないなら、こんなところに居ても仕方がないので私も退出する為にギルバート様にお伺いをたてた。


「ギルバート様、私の用は終わりました。もう席を外してもよろしいでしょうか?」


「そうだな·····あとは何とでもなるな。いいだろう。」


 ギルバート様の了承を得たのでお辞儀をして会場を後にした。




 昨日はキース殿に誘われて久しぶりにピューマの散歩に付き合った。他国の私が行ってもいいのかと思ったが、ルイス殿下に許可を貰ったというので気分転換に行くことにしたのだ。ピューマも元気そうでよかった。アリア様にここ2日ほど会えなくて少し寂しそうにしていたが。


 その際に、また散歩に誘われていたので今日も気分転換しようとピューマの元にまでやってきた。


 するとその場所にアリア様がいたのだ!

 アリア様の姿を見た途端に心臓の鼓動が早くなったのが分かった。


「ランクス!」


「アリア様。」



 それから私はアリア様の隣に座ることの許可を得て座った。


 その時までそばにいた侍女のネネとキースが、ピューマの散歩に出掛けた。


 私とアリア様と二人きりになった。

 だから····バーバラ様と婚約したことを後悔していると告白した。

 独身のままでもいいと。


 アリア様はそれはダメと私は重要で優秀な人物だからと力説してくれた。


 ·····ああ····貴女が私の妻だったらいいのに·····私の妻になる筈だったのに。


 可愛くて綺麗で、自分のことより他人の幸せを考えるアリア様が愛しくて······


 今まで隠して、我慢してきた気持ちが一気に溢れだし私は思わずアリア様にキスをしていた。


 アリア様は驚いて固まっていたが、我に返って、私を押し退けた。


「ランクス!どうしたの!?急にこんなことをして!」


 アリア様は困惑した目で私を見る。戸惑いが感じられる。

 私とのキスはそんなに嫌だったのですか?



 そんなときに私の首筋にスッと剣をかざした者がいた。


 剣の先から視線を辿っていくと、その人物は今のアリア様の近衛隊隊長ランディ殿だった。


「皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く