皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~

亜里沙 海里

29.5話 ふと疑問に思いました(ショートショートストーリー)


 ルイス王子の宮殿から私の宮殿まで道のりで、ふと疑問に思っていたことを聞いた。


「そういえば、ローゼンリタは12才まで白銀色に髪の毛を染めていたと言われてましたが、そんなことをしても大丈夫だったのですか?」


 だって白銀色の髪は女神様の髪色だから、生まれつきはともかく染めてもいいのかしら?


「本来でしたら白銀色の髪をした者は特別扱いになり教会に行かなければなりません。染めるなんて女神様に対する侮辱罪とかになりませんか?教会が黙ってない気がするのですが。」


 ルイス王子は私と手を繋ぎながら歩き応えてくれた。


「リンカーヌ王国ではこの王都に教会の本拠地がある。特に王都に産まれた者は赤子の時に教会の者がその家まで赴き、髪色を確認するのが風習になっている。まあそれは爵位がある家に限るがな。平民は産まれて1ヶ月以内に教会に赤子を連れて行くことになっているんだ。」


 ふむふむ。サマヌーン国は自己申告制になっているわ。貴族とか関係ない感じだわ、だけど、お母様はど田舎に住んでいて、そこには教会自体がないから教会の人が年に一回くらい来て確認していくらしかったと言っていたわ。だからお母様は隠し通せたのよね。


 というか、国によって教会のやり方が違うのはどうかと思うけれど······。まあ、サマヌーン国は小さな国で王都もそんなに大きくないから、そんなことをしなくてもいいか。


「ローゼンリタは勿論赤子の時に地毛は確認されている。私も知らなかったのだが教会に申請したら白銀色に染めてもいいらしい。白銀色は全国民の憧れだからな。」


「そ、そんなこと可能なんですね!?」


 驚いた!教会に申請したら白銀色にしてもOKって!

 ならもっと白銀色の髪の毛の人がいても良くない?

 確か、パレードでも居なかったわ。

 それを聞くと


「申請しても、審査があるんだよ。その審査が通って登録料金を支払って、初めて染めることができる。まあ、金額も高いから基本するのは貴族だな。しかも登録料金は一年ごとに支払ないといけない。それに大体の者が恐れおおくてしない。この国でも白銀色に染めているのは三人だ。全て女性だよ。」


「はあ······」


 三人しか居ないって、ローゼンリタはよく染めたわよね。

 そこまでして白銀色になりたいんだ······。


「私もそれを知ったのは13才の時さ。」


 あっ、ローゼンリタが地毛に戻った時ね····。

 私はその白銀色に染める心情はよく判らないけど、染めてもお咎めはなしと聞いて、疑問に思っていたことが解決したので少し胸のモヤモヤがスッキリしたわ。

 それにしても、申請したら白銀色に染めることができるかもしれないなんて、私たちが知らなかっただけで、サマヌーン国でも可能なのかも····。

 今度のお手紙でお父様にでも聞いてみることにしましょう!


 それから私の部屋に着くまでに、他のことでルイス王子との攻防戦が続いた。


「皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く