皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~

亜里沙 海里

21話 ネネの幸せを願って


 

 ネネが実家から帰ってきたのはお昼前のことだった。


「アリア様、3日もお休み頂いて申し訳ございませんでした。」


「いいのよ。全然帰ってないのだからもっと実家に居ても良かったのに。」


「いえ!大丈夫です!」


「久しぶりの実家はどうだった?」


「相変わらず、鬱陶しい人達でした!」


 ネネ·····家族を鬱陶しいって····。

 私も御姉様方にはそうだけどね!


「でも家族と久しぶりに過ごしたのだから良かったわね。」


「はい······それよりお昼ご飯のご用意をしますね。」


 ネネがお昼ご飯の用意に部屋から出ようとしたので引き留めた。


「ネネ、ちょっと待ってちょうだい。」


「?」


 ネネはキョトンとした顔でこちらに振り向く。


「こっちへきてちょうだい。」


 ネネは素直に私の元へやってきた。


「アリア様、何でしょうか?」


 私はひと呼吸をしてズバリの本題に入った。


「ネネ、ここ最近様子がおかしいかったけどどうしたの?」


 ネネは、はっとした顔になり


「私、おかしかったですか?」


「ええ。心あらずって感じでね。ずっと気になってたの。」


「······いえ、何もないですわ。そろそろリンカーヌ王国に行かないといけなくなるなあと少し感傷に浸ってはいましたが。」


「·········違うでしょ?」


「え?」


「ネネ、貴女はキース隊長にプロポーズされたのではなくて?」


「!!!」


 ネネはかなり驚いた様子で一歩後退した。


「アリア様····何故それを····」


「本人から聞いたからよ。」


「あいつ·····余計なことを······」


 こらこらネネさん、言葉使いが悪くなってますよ!


「アリア様!大丈夫です!断りましたから!安心してくださいね!」


 ネネは焦ったように言ってくる。


「何故断ったの?」


「そっ、それは·····アリア様と一緒にリンカーヌ王国に行く為です!」


 ネネは、私の為とはっきりと言ってれた。

 嬉しい······でも!


「それは私のせいで断ったのね。」


「え?····」


「私がずっと一緒ねと言ってしまったから、キース隊長のプロポーズを断ったのね。私の為に····」


 ネネはオロオロとし、


「そんなことはありません!自分なりに考えた結果ですから。アリア様が気を悩む必要なんてありませんから!」


「キース隊長とは別れるの?」


 私の言葉でネネは喉をゴクリと鳴らし


「····はい。本日、キースに言うつもりです。」


 ネネは声を震わせながら言ってきた。


「今も好きなんでしょ?」


「····はい。でも別れます。彼には将来があります。結婚も引く手あまたでしょう。結婚相手はすぐに見つかると思いますし。」


 ネネは私から目を逸らした。


「ネネ、貴女の本心を聞かせて欲しいの。本当にキース隊長と別れていいの?キース隊長の事は諦めがつくの?好きなんでしょう?」


 ネネはぎゅっと目を閉じて涙を流した。


「キースのことは大好きです!·····キースからプロポーズを受けた時はすごく嬉しかったです。正直迷いました····」


 ネネはひと呼吸して静かに続けた。


「だけど、アリア様とキースをどちらを選べと言われたら私はアリア様を選びますわ。」


「ネネ·····」


「キースと付き合ってから約二年、アリア様との付き人になって十三年です。そんなに長い間を一緒に過ごしたのに、リンカーヌ王国にアリア様を一人で行かせることなんて私には出来ません!」


 ネネ······


 私もネネの言葉に感動して涙が浮かんできた。

 ありがとうネネ。

 私は自分の思いを打ち明けた。


「ネネ、嬉しいわ。私もできればずっと一緒にいたいわ。でもネネの幸せを犠牲にしてまで、リンカーヌ王国についてきて欲しいとは思わないわ。」


「アリア様·····」


「貴女には貴女の幸せを掴んで欲しいの。ネネには幸せになって欲しい·····」


 お互いにしんみりになっている時に私の寝室のドアがいきなりバタンッ!と開いた。


 驚いて振り向くとそこにはキース隊長がいた。


「ネネ!」

「キース!?」


 ネネはキース隊長を見て固まっている。


「キース·····どうしてアリア様の部屋に····」


「それは私が呼んだからよ。」


 私がネネの疑問に応えた。


「え?!アリア様が····?」


 そう、私がキース隊長にネネが帰ってくる日に急遽休みを取ってもらい、朝から寝室で待機してもらっていたのだ。


「そうよ。キース隊長がどうしても、プロポーズを断った理由が知りたいって言ってきたから。」


 ネネはもう一度キース隊長の顔を見て目を逸らした。


「······キース、聞いていたなら分かるわよね······」


「······ああ。だが、そんな理由でなんて別れない。」


「キース!」


「何故相談してくれないんだ?俺達の将来のことではないか!勝手に自己解決して、人の一世一代のプロポーズを断るなよ·····」


 キース隊長は少し泣きそうな顔をしている。

 キース隊長って普段は「俺」って言うのね。ちょっと新鮮だわ!



「キース······」


「アリア様にネネが付いていくなら俺もいく。」


「「!?」」


 そのキース隊長の言葉には私もびっくりした。


「キース隊長、リンカーヌ王国に一緒にくると言うことですか?」


 キース隊長は私の方を見て笑顔になり、大きく頷いた。


「はい。私はネネの伴侶として行きたいと思います。」


「ええー!?」


 ネネがかなり驚いている。

 勿論私もだけれど!


「でも·····」


 どうやって?


「騎士団は退団します。」


「「ええー!?」」


 またもや驚きの連続。


「私はルーブス商会の息子ですよ?ルーブス商会の支部をリンカーヌ王国に出店すればいいんですよ。勿論、アリア様付きの近衛隊になっても構いません。ネネと一緒に居られるのならどちらでもいいんです。」


「でっ·····でもルーブス商会をするならキースは跡取りなんだから、サマヌーンに残らないと·····」


 ネネは涙をいっぱいに溜めてキースに問う。


「確かに俺は長男だが、長男が必ずしも跡を継がなければならない訳ではない。弟にでも継がせばいいさ。」


「キース······」


 ネネは両手で口を隠し、うっうっ····と声を殺して泣き始めた。


 キースはネネの前まで行き、膝を付いて片手を自分の胸に当てた。


「ネネ·····もう一度言うよ。私と結婚して欲しい。一緒に幸せな家庭を築いていこう。そして二人で一緒にアリア様を守ろう!」


 ネネは滝のような涙を流しながら、そっと自分の右手をキース隊長の頬に当て


「·····はい。宜しくお願いします。」


 ネネは今度はキース隊長のプロポーズを受けた。


「よっしゃ!」


「きゃっ!」


 キース隊長は大きな声を出して立ち上がると同時にネネを抱っこをしてくるくる回った。


 ネネ良かったね!

 幸せになって!


 幸せそうな二人を見ながら、私は新たな決意をし、この二人共にリンカーヌ王国に連れて行くために自分のやらなければならないことを実行すると心に決めた。


「皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く