皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~

亜里沙 海里

5話 猫ちゃんを拾いました!

 

 私たちは、途中、馬に休息を取らすために休憩をした。


 私は馬車から降り、外の空気を思いっきり吸った。


 空気が美味しいわ!

 やっぱり、ずっと馬車の中にいると息が詰まる。


「アリア様、こちらへどうぞ」


 キース隊長が椅子を出してくれたようで、そちらに案内された。

 しかもちゃんとネネの分まであった。


「ありがとう。」


 私は笑顔でお礼を言った。

 何故かキース隊長は顔を赤く染め、私から目を反らし


「いいえ····それでは私たちは近くにいますので」


 そう言って、仲間のところへと向かった。


 ネネは紅茶を入れてくれて、私はそれを飲んで周辺を観察した。


 周りは木が立ち並んでいた。


 私は王城から外を出たことがなかった。

 本来なら六歳になったら学校に通うはずだったが、大国の皇太子の婚約者になった為、何かあってはならぬと、王城で家庭教師をつけて勉強することになったのだ。

 ····要するに、下手に男を近づけさせたくなかったということ。


 まあいいですけど。


 でも普通の恋愛というものにも憧れがある。

 ルイス王子とは、恋愛の前に婚約したからちょっと違うし。


「アリア姫、お加減はいかがでしょうか?」


 私専用の近衛隊の副隊長ランクスが聞いてきた。


「ランクス副隊長、姫という敬称をつけてはだめよ。ありがとう。外に出て元気が出たわ」


「それは良かったです。ごゆくりと休憩をしてくださいませ。」


 ランクスはお辞儀をして、私から少し離れたところで待機した。


「ランクス様も格好いいですわ。」


 ネネはまたうっとりとした目をして、今度はランクス副隊長に熱い視線を送っている。


 ····ネネって気が多いのかしら····


「ですが、筋肉が足りませんわ!やはりキース様くらいはないと!」


 やはり筋肉質は外せないのね····。


 ランクス副隊長は公爵家の嫡子になる。美丈夫で、淡い金髪で癖毛。体型はスラリとしていて、確かに筋肉質ではないように見える。だが、日々鍛えてはいるから中身は意外に筋肉質かもしれない。

 濃い緑色の瞳を持ち、放つオーラは柔らかい。年齢は18才。今年学校を卒業して、私専用の近衛隊に副隊長として入隊した。

 夜会などでも、女性に大人気でいつも囲まれていたと思う。

 私はいつもダンスに誘われて踊っていたが、女性の痛い視線をいつも受けていた。

 噂だけど、女性関係は派手なのだそう。


 ルイス王子のことがなければ、ランクスは私の嫁ぎ先候補だったらしい。


 だが、今はバーバラ御姉様が候補に上がっている····というより、バーバラ御姉様がランクスの元に嫁ぎたいと言っているらしく、水面下で動いているらしいかった。


 私がじぃーとランクス副隊長の方を見ていると、周りいた護衛の人達が私を見ていた。私はその人達に笑顔を向けると、皆、下を向いてしまいました。


 ····私、あまり好かれてないのかしら····。


 ちょっと落ち込んだ。


 ランクス副隊長も私の視線に気づいていたようで、こちらへ来て、ニッコリと笑い


「アリア様、少しだけ散歩しませんか?」


 お誘いをしてきた。


 私は少し考え、


「いいわ。ネネも行きましょう。」


「え?私もですか?」


 ネネは驚いたように聞いてきた。


「勿論よ。」


 私が笑顔で応えると、ネネは小さい声で

「私はお邪魔虫だと思うんだけど」と呟いていた。


「???」

 よく分からないけど、まあいいわ。


 私は今度はキース隊長を呼んだ。


「キース隊長!私とネネは少し散歩するので付いてきてくださる?」


 私の言葉を聞きネネは目を見開き驚いている。


 ふふふ。私が愛のキューピッドになるわ♪


 これで少しでも、キース隊長とネネの距離が縮まればいいと思っていた。


 私はルンルン♪気分で立ち上がった。


 ランクス副隊長の不機嫌になっていることを気づかずに。




 少し森の中を散歩することにした。


 先頭にキース隊長が歩き、ネネと私が並んで歩く。ランクス副隊長は後ろで守るように付いてきていた。


 私とネネが話をしているだけで、全然キース隊長と話をすることもなく、距離が縮まらない。


 何故かランクス副隊長も無言で付いてきてるし。


 どうしようかなと考えていると、


 ガサガサと音がした。


 キース隊長は止まり、人差し指を口あて、静かにと合図をする。


 そして、キース隊長とランクス副隊長は警戒態勢に入り、剣の鞘に手をおいている。


 見守っていると、草むらの中からひょっこりと小さな黒色の生き物が出てきた。


「ミィーミィー」


 その動物はとても小さくて、鳴き声からして猫のようだった。

 その動物は私達を見るなり、


「グルル」


 と唸り始めた。

 よく見ると、前足から血を出していた。

「あのこ、ケガしてるわ。手当てしないと!」


 私はその動物のところに向かった。

 私のその行動を見て、猫がますます唸り声を大きくする。

「グルル!」


「大丈夫よ。あなたに危害を加えないわ。安心して。」


 私は優しく声を掛けながら近づいていく。


「姫!ダメです!」


 ランクス副隊長は私を止めようと、私の腕を取った。

 私は後ろを振り向き


「ランクス副隊長、お離しなさい!大丈夫です!」

 命令口調で言った。


「皆もあのこに危害を加えないと分からす為に、両手を上に上げて。」


 私は三人に指示した。三人は苦潰しの顔をしながら、両手を上げてくれた。

 私も両手を上げて、猫の方に近づいていく。


 まだ警戒心を溶いておらず、「グルル!グルル!」と唸り声を上げながら後退りしているが、私はその猫の前まで来て、ゆっくりと膝をついた。

 そして手を差し伸べた。


「シャァァ!」

 猫が手を出してきて、引っかかれた。


 痛い!

 一瞬痛みで顔を歪めてしまった。

 手から血が滲んできた。


「アリア様!」


 ネネが悲鳴に近い声を上げた。


「大丈夫よ。」


 私は笑顔に戻り、もう一度猫に手を差し伸べる。

 猫はもう動こうとしなかった。

 私はそっと猫の背中に手を置くと、その猫は気を失い倒れてしまった。



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 私は反対されながら、その猫を馬車まで連れて戻ってきていた。


 ネネに、荷台からリンカーヌ王国で売る為に商品として譲ってもらった揺りかごを持ってきてもらい、そこに猫を寝かせた。

 そして前足の治療をしてあげた。

 傷は意外に深く、何物かに噛まれたか引っかかれた感じだった。


 私は猫に効くか分からないが、薬をつけて、ケガしたところを舐めないように包帯で巻き、暴れてもほどけないようにテープでぐるぐる巻きにして固定した。

 猫は疲れていたのか、治療中にも目を覚ますことなく、今も眠っている。



「黒色の猫ちゃんは初めてよ。」


 私は優しく猫ちゃんを撫でながら言った。


「アリア様、本当に飼うつもりですか?」


 ネネは呆れたように言ってくる。


「そのつもりよ。小さい猫にこんな森で生きていくのは酷よ。これも何かの縁だわ。絶対に飼うわよ!」


 反対されようが、絶対この猫ちゃんを飼うんだから!


 私が強い意志を込めてネネを睨む。ネネはため息をつき


「アリア様はちゃんと猫のお世話が出来るんですか?」


 勿論よ!


 私は頷き

「ちゃんをお世話をするわ。」


 ネネは私が折れないと分かったのか苦笑した。

「分かりました。では国王様をちゃんと説得してくださいよ。」


「それは大丈夫よ!猫だもの!そんなことでお父様は反対はしないわ!」


 よし!ネネを味方につけたわ!


 コンコンと小窓を叩く音がしたのでネネが出た。


「アリア様、キース様が姫様にお話があるそうです。」


「分かったわ。馬車に乗るように言ってちょうだい。」


 ネネに指示をし、ネネが馬車のドアを開けてキース隊長に入るように促していた。


 キース隊長はゆっくりと馬車の中に入ってきた。

「失礼します。」


「キース隊長、先ほどはありがとう。」


 猫ちゃんが気を失った後、すぐに私の手の治療をしてくれたのがキース隊長だった。


「獣はいろんな菌を持っていますからすぐ治療をしないと!」

 キース隊長は持っていた救命用具で、手早く治癒をしてくれた。


 横目でネネを見たら、ネネの目はハートになってキース隊長を見つめていた。


 その後はランクス副隊長に猫ちゃんを抱っこしてもらい馬車へと戻ったのだ。



「いえ、当然のことをしたまでですので。」


 キース隊長は謙遜して言う。


「それで話は何かしら?」


 私が話を持っていくと、キース隊長は真剣な顔になり


「あのときは、突然だったので気づきませんでしたが、今日拾ったのは、猫ではなく、黒ヒョウです。」


「「えっ?えっ?えぇぇぇー!?」」


 馬車の中で、私とネネの驚きの声が響いたのはいうまでもありません!


「皇太子妃奮闘記~離縁計画発動中!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く