話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。

ibis

異世界の勇者―1話

「ふ、ん……ふぅ……」

 カーテンから射す光に眼を細め、ベッドから起き上がる。
 ……ああそうだ。昨日、ギルドを出て……宿を借りたんだった。

「……ん?」

 ……俺の隣に、少女が眠っている。
 おいシャル。一緒に寝るならベッドを2つ借りた意味ないじゃん。

「はぁ……さて、と」

 ベッドから降り、服を着替え始める。
 おっと、眼帯と手袋を忘れるところだった。

 ……今日は……どうしようかな?
 7年前の『人国』と、今の『人国』がどんな風に変わってるか観光したい気分ではあるが……もしも、父や母に会ったら、どうすればいいかわからない。

「……シャルー、起きろー」
「うぅ……アル兄、早いよぉ……」
「何言ってんだよ。もう昼近いぞ」
「んん……もう少しだけ……」

 ……ま、良いか。もう少し寝かせておこう。

「……腹減ったな……」

 昨日は残ってた野営食を食べただけ……ちゃんとした料理が食べたいな。

「……シャル、飯食いに行くぞ」
「ご飯!」

 バッと跳ね起き、ボサボサの髪のまま外に出ようとする。

「待て待て、服着替えな。あと髪をちゃんとしろ」
「うー……わかった」

 せっせと支度を始めるシャルを待ちながら、窓の外に眼を向ける。

 ……平和だ。
 愛する妹と平和な朝を迎えて、寝起きの妹の顔が見れて、今日は何をするかなー、とか話し合って……平和だ。

 でも、この平和がいつまで続くかはわからない。
 『七つの大罪』がいつ攻めてくるか……あいつらは協調性がないから、6人全員で攻めてくる事はないだろう。
 だが、腐っても『七つの大罪』……個人の強さは俺と同じか……か。

 特に、『暴食』と『傲慢』が強い。あいつら2人が同時に攻めてくれば……俺なんか簡単に殺られてしまうだろう。

「……できるなら、戦わないようにしないとな」
「アル兄!準備できたよ!」
「おし……んじゃ、とりあえずギルドに行くか」
「おー!」

―――――――――――――――――――――――――

「いらっしゃいませ……あらアルヴァーナ!シャルロット!いらっしゃい!」
「リオンさーん!お腹空いたー!」

 開口一番、リオンさんに飯を要求するとは……やるな、シャル。

「はいはい、ちょっと待っててね」
「わーい!リオンさん大好きー!」
「おい……大好きって……嘘だろシャル」
「なんでアルヴァーナは本気でショック受けてんのよ!」
「大丈夫だよアル兄。一番はアル兄だから!」

 なら良いや。

「……俺ちょっとクエスト行ってくるから、のんびりしててくれ」
「え?それなら私も付いていく!」
「シャルは飯食ってていいぞ」
「……でも……」
「大丈夫だって、な?」

 乱暴にシャルの頭を撫で、安心させるように笑みを見せる。
 ……まったく……妹離れができていない俺が言えた事じゃないけど、いい加減お兄ちゃん離れしろよな。
 ……いやダメだ。シャルがお兄ちゃん離れしたら、俺ショックで立ち直れないわ。

「リオンさん。シャルの事、見ててくれ。もし怪しいやつが近づいたら、暴力的に引き離してくれ」
「別に良いけど……そんなに心配なら、一緒に連れていったら?」
「バカやろう。シャルを危険な所に連れていけるかっての」
「アル兄、行ってらっしゃい!」
「おう。行ってくるわ」

 クエストボードに貼られた紙をリオンさんに渡し、俺はクエストに向かった。

―――――――――――――――――――――――――

 『魔国』の反対側……東の森があった方の反対側を歩いている。

「……『ドラゴンの討伐』か……」

 適当に受けたクエスト……どうやら『ドラゴンの討伐』だったらしい。
 聞いた話だと、『人国』外の西側……平原にドラゴンが住み着いたとのこと。

「ま、普通の『人族』にとって、ドラゴンってヤバイ存在だしな……」

 ……お、ようやく平原に着いた。
 さて……ドラゴンはどこに―――

「ギャオオオオオオオッ!」
「でりゃぁああああああっ!」
「……えぇ?」

 空を飛ぶ大きな生物……間違いない、ドラゴンだ。
 ……そのドラゴンと戦っている男がいる。
 右手に剣、左手に盾、そして豪華な鎧に身を包む、まさに騎士のような男が。

「くっ……!空を飛ぶなんて、厄介だな……!」
「ゴォオオオオオ……!」

 ドラゴンの口に、赤い魔法陣が浮かび上がる。
 
「なんだ、あれ……?」

 騎士のような男が、浮かぶ魔法陣を見て、目を見開く。
 『なんだ、あれ』って……魔法陣を見たことがないのか?

「ゴォ―――ァアアアアアアアッ!」

 『ゴッ!』という音と共に、ドラゴンの口から火の玉が放たれる。
 男が盾を構え、その火の玉を受け止める―――寸前。

「『消魔の魔眼イレイザー・アイ』」
「え……?!」

 眼帯を外し、火の玉を『視』る―――火の玉が『ボシュッ』という音を立てて消滅した。

「あんた、大丈夫か?」
「え、あ……ああ」
「ガァアアアアアアアアアアアッ!」

 吼えるドラゴンが、一気に急降下。
 勢いをそのままに、俺たちに激突―――

「『憤怒の上昇アングリー・アップ』ッ!」
「ゴァアアアアアアアアアッ!」
「す、すご……ドラゴンの攻撃を、正面から受け止めるって……?!」

 迫る顎に噛み潰されないよう、両手で押さえる。

「今だ!」
「あ、ああ!」

 男が高々と跳躍―――落下の勢いを利用し、ドラゴンの眼に深々と剣を突き刺した。

「ガァアアアッ?!」
「暴れんじゃ、ねぇよ!」
「うおっ?!」

 痛みに暴れだすドラゴンを、力で振り回す。

「おッ―――らぁあああああああああッ!」
「カッ……!」

 ドラゴンの頭を、地面に叩き付ける。
 短く鳴いたかと思うと、ドラゴンはピクリとも動かなくなった。

「うしっ……こんなもんか」
「……すまない、助かった」
「気にするな、普通ドラゴンなんて1人じゃ討伐できないからな」

 この男……珍しい見た目をしているな。
 黒髪に黒目……ここら辺じゃ見ない色だ。

「俺はアルヴァーナ・ミラードだ……あんたの名前は?」
「『剣ヶ崎つるぎがさき 勇人ゆうと』!よろしく!」
「ツルギガサキ・ユート……?」
「あ、剣ヶ崎が名字で、勇人が名前な」

 名字……?家名の事だろうか?

「あ……もしかして、異世界には名字って、無いのかな……いいや、とりあえずユートって呼んでくれ!」
「……わかった」

 ……よく見れば、鎧の下の服も変だ。
 俺みたいな動きやすい軽装ではなく……中途半端な正装、と言えばいいのだろうか?
 よくわからないが、見たことのない服を着ていた。

「あ、ちょっとお願いしたい事があるんだけど、いいか?」
「ああ、なんだ?」
「俺って実は、ここじゃない世界から来てさ……だから、何がどこにあるとかサッパリでさ」

 ……え?今、え?ここじゃない世界?

「……どういう事だ?」
「何て言うかな……俺、実は1回死んでるんだよな」
「……その時点で色々聞きたいことがあるが、続けてくれ」
「おう。んで、死んだ後に女神に会って……『魔王の幹部の『七つの大罪』が内部崩壊を始めた。この隙を利用して、一気に魔王を倒してほしい』って頼まれてな」

 内部崩壊……?もしかして、俺が『七つの大罪』を抜けたことを言ってるのか?
 別に内部崩壊って言うより、俺が勝手にあいつらを敵にしただけなんだけど……

「魔王に対抗できるように、女神から『神器』っていうスゴい道具と、何個か『能力』ってのを貰ったから、ドラゴンとか勝てるだろー、って思ってたら……」
「ああなってたわけか……」
「まぁそんな感じで、今に至るって感じだ」

 一通り話終えたユートが、楽しそうに笑う。
 ……いやいや。今の話のどこに笑える要素があったんだよ?

「えっと……さっき言ってた神器ってのが、その剣と盾と……鎧か?」
「ああ。この剣は『聖剣 エクスカリバー』。んで盾が『聖盾 アイギス』、鎧が『聖鎧 イージス』って名前……だったような気がする」
「適当だな」

 ……見たことのない鉱石で作られてる。
 なるほど。女神に貰った神器ってのも、あながち嘘ではなさそうだ。

「なぁ、俺も色々と聞きたいことがあるんだけどいいか?」
「ん、なんだ?」
「俺が女神に貰った『能力』って……どんぐらいスゴいかわかるか?」
「……『能力』の名前によるな」
「えっと……『空間倉庫ストレージ』と『守護者の祈りガーディアン』と『全魔法操作オール・マジック』……ああ、あと『無限魔力インフィニティ』だったっけな?」

 ……えぇ?4つ?

「お前……『能力四種類持ちカルテット』なのか?」
「カルテット……ってなに?」
「『能力』が4つあるやつの事だ」
「ああそういう事。俺は『能力』が4つある……その反応だと、『能力』が4つあるのは珍しいみたいだな」

 珍しいなんて者じゃない。『能力』が4つもあるやつなんて、この世界には魔王ぐらいしかいないぞ?!
 俺の魔眼も一応『能力』だから、俺は『能力二種類持ちデュエット』と呼ばれる……それでもかなり珍しいのに。

「それに『空間倉庫ストレージ』に『無限魔力インフィニティ』とか……使えるだけでヤバイ『能力』じゃねぇか」
「ははは!なんか俺、ヤバイやつみたいだな!」
「ヤバイやつなんだよ」

 能天気なユート……いやヤバイ。こいつの『能力』、全部強力なやつばっかりだ。

「聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く