話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。

ibis

ここではない場所へ―4話

「……おいガキ。今のは誰に向かって言ったんだ?」
「ああ?わかんねぇのかおっさん。どう考えてもお前らに言ってんだろ」
「……今のは喧嘩売ってるんだよな?」

 喧嘩していたおっさん2人が、頭に青筋を浮かべながら近づいてくる。
 ……ほう。俺と、ヤると。
 俺の『憤怒』に触れる事が、大罪に等しいという事を身を持って思い知らせてやろうか―――

「はい!そこまで!」

 ―――パンッ、と両手を打ち付ける乾いた音。
 音のした方を見ると……ギルドの店員が、俺たちを睨み付けていた。

「もう、いざこざは外でって言ってるでしょ!」
「だがよ……喧嘩売ってきたのはこのガキだぜ?!」
「文句言わない!子ども相手にムキになるあなたも―――あれ?」

 ギルドの店員が、俺の顔を見て首を傾げる。

「……あなた、どこかで会ったことある?」
「んだよそれ、新手のナンパか?」
「違うわよ!」
「あー!『リオン』さんだー!」

 ギルドの入り口で待っていたシャルが、ギルドの店員に抱きついた。
 嘘だろシャル。いきなり抱きつくとかお前―――え?今なんて?

「あなた……シャルロットちゃん?」
「そーだよー!久しぶりー!」
「って事は……あなた、アルヴァーナ?!」
「リオンって……もしかして、あのリオンさんか?!」

 目の前に立つ女性に驚愕する。
 リオンさんは、7年前からここで働いている……まあ、ベテランさんだな。
 当時10歳だった俺は、リオンさんに色々教えてもらってた。
 確か、7年前は18歳だったから……今は25歳か。

「わあ!久しぶりねアルヴァーナ!すっかり大きくなってもう!」
「おい、頭撫でんな!」
「ねーシャルはー?」
「シャルも大きくなったわねー!」

 乱暴に撫でられる感覚に、少しだけ拒絶反応が出てしまう。
 なぜ拒絶反応が出るか……まあ簡単に言うなら、褒められるのに慣れていない、と言うべきだ。

「チッ……まあいいや。リオンさんがいるなら話は早い」
「今舌打ちしたわよね?」
「んな事はどうでもいい……『冒険者カード』を製作し直したいんだが」

 7年前の『冒険者カード』を取り出し、リオンさんに手渡す。

「……7年間も更新してないなんて……何があったの?」
「は?なんで?」
「アルヴァーナは冒険者だったわよね?だったら1年に1回『冒険者カード』の更新をしないとダメでしょ?」

 子どもを叱る母親のように、俺を見ながら説教を始める。
 ……いや、俺より身長の低いやつに怒られたって、何も怖くないんだが。

「まったく……更新するから、こっち来て」
「ういうい」

 言われるがまま、ギルドの奥へ進む。

「さて……それじゃ、名前書いてくれる?」
「はいよ」
「……よし。それじゃあ待っててね。すぐに作ってくるから」

 ……これで『冒険者カード』の更新は終了……次にすることは、宿の確保かな。

「アル兄……手」
「ん?ああ。血も止まったし、放っときゃ治るさ」
「もう!そういう所が適当だからすぐに怪我しちゃうんだよ?!いいから手を貸して!」

 ……心配するシャル、可愛いなぁ。その姿だけで充分癒されるよ。

「いや、本当に大丈夫だって―――」
「―――『癒しよ』」

 シャルの小さな呟き……それと共に、淡い光が俺の左手を包み込む。

「……まったく……大丈夫だってのに」
「もー!傷口からバイ菌が入ったら大変でしょー?!」

 『聖女』の力……無限に回復ができるわけではないが、ある程度の傷程度なら癒す事ができる、癒しの力。
 普通、『魔法』を使うときは『魔力』を使うのだが……『聖女』の力は特殊で、『魔力』ではなく『体力』を使って癒すらしい。

「それに、アル兄には『魔法が効かない』から『回復魔法』が無意味だし……」
「まあ……そうだな」
「うんうん……アル兄を癒せるのは、私だけなんだから♪」

 ご機嫌そうに抱き付いてくるシャル……その頭を撫で、ギルドの店内へ引き返す。

 シャルはかなりのブラコンだ……まあ、シスコンの俺が言えたことじゃないけど。
 この前『シャルは将来どうするんだ?』って聞いたら『アル兄のお嫁さんになる!』って即答してくれた。可愛い。俺もお前と結婚したいよ。
 もちろん、兄妹が結婚できるわけがないんだけど。

「にしても……ほんっとここは物騒だな」

 さっきの喧嘩が終わった……と思えば、もう別の喧嘩が始まっている。

「……ゆっくりしながら待っとくか」
「何か食べてもいい?」
「さっきの野営食じゃ足りなかったか?」

 コクン、と無言で頷くシャル。
 ……ほんと、俺とシャルは双子には見えないよな。
 シャルって、見た目も中身も幼いし……そういう所が可愛いんだけどな!

「好きなの注文していいぞ。俺はちょっと『クエストボード』見てくるから」
「はーい!えーと……すみませーん!注文いいですかー?」

 店員に話し掛けるシャルを置き、紙が貼られている木の板に近づく。
 『リザードマンの群れの討伐』、『ゴブリンの群れの討伐』、『コボルトの群れの討伐』……どれもこれも、あんまり難しくないクエストばかりだな。

「……ん。これ……『ドラゴンの討伐』……?」
「おうボウズ、このクエストに目を付けるとはな……だが止めときな。死んじまうぜ」

 俺の背後に立つ男が、苦笑いを浮かべながら続ける。

「このギルドにはもっと人がいたんだが……みんな、そのドラゴンにヤられた」
「へぇ……ドラゴン、か」

 ドラゴン……昔魔王に頼まれて、討伐に向かった事があるが……

「……大したこと、なかったよなぁ」

 ……あんまり強くはなかったような覚えがある。
 もちろん、他の『七つの大罪』の協力もあったが……うん、それでもあんまり強くなかったような……

「まあ、そのクエストに手を出すのは止めときな」
「わかった」

 一応、素直に言うことを聞いておく。
 この人は親切心で忠告してくれてるんだし……その気持ちを無下に扱う気もない。
 それに……普通の『人族』はドラゴンなんて討伐できない。
 俺がもしドラゴンなんて討伐したら、確実に目立つ……目立つという事は、俺が『七つの大罪』の1人だとバレる可能性が出てくる、というわけだ。

「……それにしても、さっきは冷や冷やしたぜ」
「冷や冷やって……?」
「ボウズ、『荒くれゴウ』と『壊し屋テッド』に喧嘩売ってただろ?」

 ゴウにテッドって……さっきのおっさんか?

「いや、あれは―――」
「わかってるわかってる。ちゃんと見てたからな……でも、あいつらには関わらない方がいい」
「なんで?」
「強いのさ……このギルドの中で、1位2位を争うほどに」

 強い?あのおっさんたちが?1位2位を争うほどに?
 冗談だろ、と笑いたかったが、この男の顔を見ると……どうやら真実らしい。

「へぇ……あのおっさんたちがねぇ……」
「ああ。忠告はしたからな、気を付けろよ」

 そう言うと、男はクエストボードの紙を1枚剥がし、店員に手渡してギルドを出てってしまった。

「……ま、今日はいいか」

 金は持ってきているし、宿の確保を優先しよう。

「シャル、そろそろ行くぞ」
「んぐっ、ごくっ……はーい!」

 飯代を支払い、俺たちは宿を探すことにした―――

「―――ちょっとアルヴァーナ!待ちなさい!」
「っと……なんだよリオンさん。俺ら今から宿探さないといけないんだけど?」
「あんたはバカなの?!『冒険者カード』を更新してたでしょ?!」

 ああそうだった。すっかり忘れてた。

「悪い悪い……てかおい。そんな大声でバカ呼ばわりしなくてもいいだろ」
「言われたくないなら、これからは気を付けることね」

 差し出されるカードを受け取り、俺たちはギルドを後にした。

「聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く