話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。

ibis

ここではない場所へ―1話

「―――というわけだ、『アルヴァーナ・ミラード』……貴様の妹を我に寄越せ」
「……は?」

 深夜の魔王城……起きてるのは俺と『魔王』の2人だけだろう。
 片目を眼帯で隠す銀髪の男と、見るからに禍々しい魔王のような雰囲気を放つ男が向かい合う……ただならぬ空気だ。

「……いや、言ってる意味がさっぱりわからねぇんだが?」
「はぁ……いいか?もう1度説明するぞ?」

 俺と向かい合って座る魔王が、うんざりとしながら説明してくる。

「貴様には妹がいるな?」
「ああ……双子の妹がいる」
「……その妹は、『聖女』だな」
「……どこで聞いたんだよ、その情報」

 ため息をき、机の上に置いてある水を飲む。
 ……俺には妹がいる。血を分けた、双子の妹が。
 だが、普通の人間ではなかった―――妹は『聖女』と呼ばれる存在だったのだ。

 そもそも『聖女』とは、何か。
 1000年に1人しか現れない神にも等しい存在……と聞いたことがある。
 いわく、『聖女』は慈愛に満ちている。曰く、『聖女』が祈れば傷が癒える。曰く―――『聖女』の伴侶になれば、不老不死の存在になる。

「……我の目的は知っているな?」
「ああ……世界を統一して、新しく世界を作り直す、だろ?」
「そうだ……だが、我にも寿命がある。命がある。限界がある……おそらく、その目的を達成する前に、我は死んでしまうだろう」

 紅い両目が俺を睨む。
 その射抜くような眼力に、思わず背筋が伸びてしまう。

「……その目的の達成を手伝うのが俺たちの―――『七つの大罪』の存在理由だろ?」

 右手の甲を出し、そこに刻まれている異様な紋様を見せる。
 これは『七つの大罪』に加入する時に刻まれた、『七つの大罪』である証……証明みたいなものだ。

「そうだ……しかし、貴様等がまともに働いている所など……見たことがない」

 あれ?そうだったっけ?
 おかしいなぁ、俺はそれなりに働いているような気がするんだが……

「確かに、貴様等は強い……だが、働いてくれないなら意味がない。だから……われが直々に戦場に出向く事にした」
「……それと俺の妹を欲しがるのと、どう関係するんだよ」
「貴様も聞いた事くらいはあるだろう……『聖女』の伴侶となる者は、不老不死になる、と」

 そうだが……それはあくまで噂だ。
 本当に不老不死になる保証など―――

「……おいちょっと待て……不老不死のために、俺の妹と結婚しようってのか?」
「そうだ」

 ―――さも当然のように言う魔王に、思わず掴みかかる。

「今のは許せねぇぞ……おい、人の妹を何だと思ってやがる」
「貴様にも利益のある話だ……貴様の妹が我の伴侶となれば、貴様は我の義弟ぎていになるのだ……我の弟になれば、世界を統一した後……貴様に国を1つか2つ任せるのも悪くない」
「ふざけんな、国欲しさに妹を差し出せってか?お前、『人族』をあんま舐めんじゃねぇ……!」

 怒りのままに叫びたくなる衝動を無理に抑え、魔王を睨み付ける。

「ふむ……『能力』が発動しているぞ?」
「当たり前だろ……!今の話で、キレんなって方が無理な話だ……!」
「『憤怒の上昇アングリー・アップ』か……本当に、厄介な能力だ……力で我と渡り合うのは、貴様と『暴食』だけだからな」

 締め上げる力が上昇して行く―――ならば、魔王を殺す事など容易たやすいだろう。
 だが、今ここで魔王を殺せば……他の『七つの大罪』が黙っちゃいない。
 それに……魔王が抵抗しないわけがない。

「―――ふんっ」
「づっ……!」

 掴む手を振り払われ、激痛に顔をしかめる。

「……お前に、妹は渡さない」
「ならば、力ずくでも奪わせてもらおうか」

 挑発的に笑う魔王に舌打ちし、魔王の部屋を出る。
 ……どうしようか。
 魔王が妹を狙ってるとわかった以上、この『魔国』には居られないだろう。

「……『人国』に行くかなぁ」

 『人国』……そこには『人族』という人種が暮らしている。
 俺と妹は、10歳までその国で暮らしていた。
 あの女が、俺を『七つの大罪』に誘ってくるまで―――

『君、スゴい『能力』を持ってるね!……うん、君、『七つの大罪』に来ない?実は『憤怒』が空席で……あ、私は『七つの大罪』の『嫉妬』を司ってる『コキュートス』!どうぞ、よろしくね!』

 ―――7年前、そう言って『七つの大罪』に誘われた。

「……ゴメンな、コキュートス……お前の期待、裏切っちまった」

 本人に聞こえるはずのない謝罪を口にし、俺は自宅を目指して走った。

―――――――――――――――――――――――――

「あ!『アルにぃ』お帰り!」
「……ただいま『シャル』。まだ寝てなかったのか?」
「うん。アル兄が魔王様に呼ばれた理由が聞きたくて眠れなかったの!」

 俺の部屋、そこのベッドに座る金髪の少女―――妹だ。
 『シャルロット・ミラード』……これが妹の名前。シャルっていうのは愛称だ。
 妹は双子だから、俺と同い年なんだが……見た目は相当のロリだ。

「ねぇアル兄、なんで魔王様に呼ばれたの?クビ?解雇されたの?」
「なんでそんなにマイナスな事しか言わねぇんだよ……」
「えー?だってアル兄、全然働いてないじゃん」

 あれー?おっかしいなー?俺的には、かなり働いてると思ってたんだけど……

「まぁそれはどうでもいいんだ……なぁシャル」
「んー?なーに?」
「……『人国』に行こうか」
「え……?『人国』……?」

 突然の提案に、妹が首を傾げる。
 そりゃそうだ。いきなり他の国に行こうって言えば、誰だって―――

「うん、いいよアル兄」

 ―――え?今、なんて?

「い、良いのかシャル?俺から言い出しとして何だが、いきなり他国に……ってか、母国に帰るって言ってるんだぞ?」
「うん。ちょっと驚いたけど……アル兄が言うなら、私はそれに付いていくよ?」

 微笑み、飛び付いてくるシャルを抱き締める。
 ……根拠の無い信託、理由の無い信頼……ああ、こんな可愛い妹を、あんな魔王に渡すわけにはいかない。

「時刻は午前の1時か……シャル、今から行こうかと思うんだが、大丈夫か?」
「うん!アル兄となら、どこへでも!」
「……そうか」

 早速、身支度を始める。
 金をポケットに入れ、大きな袋に寝袋を詰め込む。
 たまに魔王から森の調査とか頼まれて、森で野宿する事とかあったからな……サバイバルの道具は最低限揃ってる。

「よし……行くぞ、シャル」
「うん!アル兄!」

 こうして、俺が妹を守る―――いや、『憤怒』を司る『大罪人』が『聖女』を守る物語が動き始めた―――

「聖女な妹を狙うやつは、魔王だろうと殴ります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ミックスナッツ

    面白いですね!

    1
コメントを書く