話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名探偵の推理日記〜仏のしらべ〜

耕一

第2話『音楽室の怪事』

 ガラガラとうるさい音を立てながら俺は音楽室の戸を開けた。すると次の瞬間どこからかピアノの音が聞こえてきた。
「な、なんだ!?」
驚きながらも俺は音楽室の中へ懐中電灯の光を向けた。
「わぁ!!ひ、人がし、し、死んでる!!!」
柳楽が飛び上がった。俺はパニックになり、しばらく動けずに固まっていると朱莉が自分のポケットからスマホを取り出し、警察へ通報した。
しばらくすると遠くの方からパトカーのサイレンが聞こえてきた。
「はぁ、とりあえず警察が来てくれれば、安心できるな」
柳楽は落ち着いた声色でそう言った。
    現場に警察が到着すると、ドラマでしか見たことのない黄色いテープで現場はすぐに立ち入り禁止にされた。そのあとは鑑識の人たちが現場の物をこれもドラマでしか見たことのない道具を使って色々と調べていた。俺たちが現場を捜査する鑑識の仕事ぶりを見ていると2人の男の人に声をかけられた。
「ちょっといいかな。僕、刑事なんだけど、よかったら、ここにいる探偵の松本さんに事件当時のことを話してもらえないかな?」
見るからに間抜けそうな刑事がそう言った。別に断る理由もないので、俺たちは探偵を名乗る男に事件の事を事細かに話した。

「名探偵の推理日記〜仏のしらべ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く