神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。

猫丸88

第36話 色欲





 七大罪スキル。
 確認されているのは現在4つ。
 『暴食』、『怠惰』、『色欲』、『強欲』。
 所有者も4人。
 ただし暴食の勇者は既に故人だ。
 だから七大罪スキルで現存するものは3つだけ。
 僕の強欲は仲間の皆にしか言ってないため一般的に情報が知られているものは残り2つ。
 その内の一人。
 『色欲』スキルの所有者が―――

「エルフの真祖アルテナ……ってわけですか」

 ガリウスさんから聞いた話をまとめるとこういうことらしい。
 なんでも色欲とはあらゆる力を生命力へと変換できるスキルらしい。
 大怪我で死にかけていようと、病魔に蝕まれていようと、寿命が尽きかけていようとも―――

「生きている限り再生できる力、ですか」

 何それ色欲半端ないな。
 僕の治癒はもちろん、栗田さんの聖女も比較対象にすらならない。
 圧倒的な回復能力。

「ああ、戦闘が多くなるなら会ってみてもいいんじゃねーか?」

 ふむ……確かに回復要員はいるに越したことはない。
 しかも聞いた限りでは明らかに僕たちよりも上位のスキルだ。
 正直パーティに入ってほしい。

「でもどこにいるか分かるんですか?」

 秋山さんの質問。
 うん、それだよね。
 居場所が分からないなら会いようがない。
 だけどガリウスさんは心配ない、と言ってメモを渡してきた。

「……これは?」

「エルフの里ってのは常に結界が張られてるんだ。エルフの先祖たちが何百年もかけて創りあげた結界がな。そこを通るには精霊言語……まあ合言葉みたいなものが必要なんだよ」

「これを唱えれば通れると?」

 合言葉が変わってなかったらな、とガリウスさんが付け加える。

「ここから南西に二日くらい移動した森の奥……一本だけやたらデカい木が顔を出してるところがある。そいつが目印だ。一応周辺の地図もやるよ」
 
 2日か……遠くない。
 むしろかなり近い……それくらいの距離でこの情報を聞けたのは運が良かったんだろう。
 僕はみんなを見る。
 どうしよう? と。
 南西に二日くらいということは目的地の中間あたりにある場所だ。
 寄ってもいいかなという確認を取る。
 すると皆は―――

「私は行ってもいいと思います」

「そうですね、それにエルフっていうくらいならほかにも凄い魔法とか使える人もいるかもしれませんし」

「わ、私は見てみるだけでもいいと思ってます。あ、勿論仲間に加わって頂けるなら心強いですけど」

 結論は一致した。
 僕も同じような意見だ。
 戦力としてもだし……寿命の長いエルフの人なら、父の手記に書かれていた禁忌のスキルについても知ってる人がいるかもしれない。

「そういえばなんでガリウスさんは色欲のことを知ってたんですか?」

 僕たちが授業で習った内容によれば七大罪スキルの効果は一つも知られていないとのことらしいが。
 ガリウスさんが「ああ、それはな」と、説明してくれる。

「アルテナは誰彼構わず治す聖人みたいな女だからな。一部のエルフの間では有名な話さ」

 へー、そうなのか。
 というかこの人エルフってことを隠してないのか。
 フードなんて被ってるからてっきり知られたらマズいのかとばかり思ってた。
 まあそれはいいや。
 エルフの一部しか知らない情報か。
 確かにとっておきだ。
 神眼スキルで嘘をついていないことも確認できた。
 確かにこの世界ってインターネットも郵便局もないし情報の伝達がしきれてないところもあるからね。
 そういう情報が一つくらいあってもおかしくはない。

「さて、それじゃあさっそく……」

「ああ、ちょっと待ってくれ」

 立ち上がろうとしたところでガリウスさんが僕たちを止める。
 そして、肩から下げていたカバンを開ける。
 ガサゴソとしばらく中を漁るとそのカバンの中から何かを取り出した。

「これをアルテナに渡してもらえるか?」

「……本、ですか?」

「手紙も挟まってる。手紙に関しては……伝言も一緒に頼まれてくれないか?」

 手紙ということはガリウスさんとアルテナさんは知り合いなのだろうか?
 何にせよ特に断る理由もないので僕は頷く。
 
「いいですよ。もし会えたら伝えます」

「ああ、ありがとう。それじゃあ伝えておいてもらえるか?」

 ガリウスさんは何でもないことのように言ってくる。
 まるで日常会話をするかのように。
 当たり前のことのように―――

「『くたばれ』ってな」




「神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く