神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。

猫丸88

第26話 偽物





「え?」

 リリアを見る。
 見てしまう。
 そこには何を言われたのか理解できていないリリアの姿があった。

「…………え? な、なにを……?」

 その様子を見る限りリリアも知らなかった事実なんだろう。
 いや、待て……まだ事実と決まったわけじゃない。
 虚言という可能性も―――

「操心、というスキルを私は所有しています」

「え? え……え?」
 
 リリアの慌てぶりは見ていて気の毒なほどだった。
 涙を浮かべて子供のように僕へと魔族へと視線を動かす。
 挙動が落ち着かず、強く混乱していた。

「リリア、騙されるな。ブラフだ」

「ほう? なぜそんなことが?」

 僕は何とか頭の中を整理。
 そして、言葉を絞り出す。

「リリアの心が操れるなら……わざわざ彼女に命令をする必要なんてない」

 カルラのステータスはほとんどが見えなかった。
 だけど、一つだけ。
 『伝心』という単語だけは見えた。
 それはつまりこいつがリリアに命令を出していた魔族なんだろう。

「なるほど、馬鹿ではないようですね」

 ですが―――と、カルラが言う。

「スキルには相性や状況によって様々な変化をもたらすものがあります。発動条件なども存在する。ならば常に操っていることができないというのはあり得る話では?」

「……根拠は? その言葉には、根拠がない」

 僕はそう言いつつも、魔族に顔に浮かんだ確信的な笑みを否定することが出来なかった。

「根拠? そうですねえ……例えば」

 そして、魔族カルラがそれを言った。
 言ってしまった。

「なぜセラ・グリフィスのスキルやステータスを私が知っていたと思いますか?」

 内通者が調べた。
 リリアは魅了スキルを持っていた。
 奪われる前なら調べることは容易だろう。

「なぜ私が召喚されたばかりの勇者である貴方の名前を知っていると思いますか?」

 内通者がいたから。
 王城に住み込んでいるメイドであるリリアには容易い。

「なぜこれほど簡単に王城に進入できたと思いますか?」

 内通者が手引きしたから。
 転移門が設置できるならそれもできる。
 それを設置できるような人のいない時間もリリアなら知っている。

「なぜ人族の王城なんて場所で設置に時間のかかる転移門をこれほどの数仕込めたと思いますか?」

 内通者、内通者、内通者。
 
「…………っ」

 僕は否定することが出来なかった。
 だけど、それでもと必死に言葉を紡いだ。
 言い訳のような言葉を。

「リリア以外の内通者がいた可能性は……」

「それ本気であり得ると思いますか?」

 無理だ。
 ありえない。
 リリアは本当に偶然の中の偶然。
 その中から正体を知られることなく拾い上げられた存在。
 彼女と同じような魔族がそう多くいるとは思えなかった。

「なら、隷属の命令はどうやって?」

 リリアには僕に不利な行動をとるなと言っていたはずだが。

「不利な行動だと自覚させずに操ることで解決できました。まあ、さすがに直接危害を加える暗殺などは無理でしたけどね」

 リリアが知らなかったという事実が。
 それが何よりも彼女が操られていたということを証明してしまう。

 もしも操心というスキルにデメリットや発動条件が存在した場合。
 操ることができる時間が短かった場合。
 リリアがそれを知らなかったとしても不思議ではないからだ。
 そして、操れない時間は……例えば感情を操り油断を誘わせる。
 生き物の脳は一度思い込んだらそう思うようにできている。
 長時間……それが無理だったとしても、仮に短時間しか操れなくても……思い込みで恋愛感情を勘違いし続けるというのは十分可能性があった。
 
「嘘……嘘です、私、え? 私は……悠斗、様を……え? え?」

 カルラが今までで一番の笑みを浮かべる。
 会心の笑み。
 醜悪さが一際際立つ……その表情のままに言ってくる。



「恋愛ごっこは楽しかったですか?」



 パリンッ―――と。
 心が砕ける音が聞こえた気がした。

「イヤぁああアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!!?!?!??!?!?」

 リリアが膝から崩れ落ちた。
 子供のように泣き喚く。
 嘘だ……嘘だ……と。
 現実を受け入れることが出来ずに……ただ泣いていた。
 その感情は偽物だったのだと。
 僕を殺すために植え付けられたものだったのだと。
 
「リリア」

 びくり!? と、リリアが震える。
 怒られることを恐れている子供のように。
 許しを請う。
 リリアは、必死に僕に対して……ごめんなさい、ごめんなさい……と。
 僕はリリアの頭に手を乗せた。
 震えていた。
 彼女も、そして……僕の手も。

「ごめん、待ってて」

 え―――? と。
 リリアが顔を上げる。
 泣いていた。
 僕に好意を抱いてくれていた女の子が。
 だから、僕は……

「あの糞野郎ぶっ飛ばしてくる」

 そのこみ上げる激情のままに、決意した。




「神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • †翔龍†

    とても面白いです
    投稿頑張ってください
    応援しています

    4
コメントを書く