異世界転移した俺がやることは?

にたまご

第3話 その日の夜

ようやく3話目です。ではどうぞ!



食堂に着くともうみんな席に座って待っていた。どうやら俺が最後のようだった。何となく申し訳ない気持ちになりながら自分も席についてご飯を待っていた。
そして俺が席について数分でご飯が来た。何の肉かわからないがとてもいい匂いがしているステーキ、あまり食欲をそそらない色をしたサラダ、具沢山のスープ、それにパンだ。やはりご飯はないようだった。まぁ分かっていたことだが、ラノベだと昔の勇者がこっちに伝えていたりするところもあるからちょっと期待したのだが現実はそう甘くなかったようだ。とりあえず食べよう。

「「「「「いただきます!」」」」」

と言ってみんな食べ始めた。すると王女が、

「その[いただきます]とはなんなのですか?」

と聞いてきた。それに答えたのは近くにいる生徒だった。たしか、春馬秋人(はるまあきひと)とかいうなまえだったはずだ。そいつは頭はいいが運動があまり得意じゃないやつだ。実は隠れオタクだったりする。

「この[いただきます]という言葉には食材や、作ってくれた人への感謝の気持ちを伝えるものです。食べ終わったら[ごちそうさまでした]と言います。」

「なるほど...この言葉には深い意味が込められていますのね!今後、この言葉はこの国で流行らせていった方がいいと思うので、後でお父様に進言しておきましょう。」

(このあともご飯を食べながらいろんな話で盛り上がった(周りが)。そしてご飯を食べ終わった。想像していたよりも何倍も美味しかった。まぁこれがこの世界の普通だとは思っていないが、ここは王城だしかなりいいものを使ってるだろうし、優秀なコックも雇っているだろうからな。ここのご飯になれてしまわないように気おつけないとな。)

食事が終わったので各自、自分の部屋に戻っていった。

「さて、俺も戻るか...」

「おーい!創魔ー!」

「ん?なんだお前か」

「なんだってなんだよ!」

こんなふうに軽口を聞けるくらいに仲がいいのは俺の親友の江口京介えぐちきょうすけだ。こいつはバリバリの運動部で、サッカー部に所属している。え?俺は何部かって?ハッハッハ!帰宅部に決まっているだろ?部活なんて面倒臭いだけだし。

「別にいいだろ、んで?俺に何か用か?」

「いや、別に大した用ではないが。」

「ならもう行くな」

「ちょっと待てよ!ちょっと駄弁るぐらい付き合ってくれよ!」

「やだよ、面倒臭い...それに俺は疲れてるんだよ。」

「まぁ確かにな今日疲れたのは同意するが...」

「ならもう寝かせろよ」

「はぁ、分かったよ。んじゃ、また明日な」

「あぁ、また明日」

そして京介と分かれて自分の部屋に戻ると、ベットにダイブした。

(やっぱ王城のベットはフカフカで気持ちがいい。すぐに寝てそu......zzz)

この日はそのまま目覚めることなく熟睡した。




どうもさ・く・しゃ・でーす!ウザイとか言わないでくださいよ?言われたら泣きますw
まぁ冗談はここまでにして真面目にします。今回はまた新キャラでましたね!なんか毎回思いつきでキャラ出してるからたまに名前忘れるん出すよねぇ...(たまにじゃなく毎回忘れてるw)この親友くんは結構強いです。(もちろん創魔を抜きにしてですがw)まぁ今後もちょいちょい出てきます。まぁこんな感じであとがきは終わります。また今度も見てくださいね!

「異世界転移した俺がやることは?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • おれんじーまん

    にたまご先生頑張って

    0
コメントを書く