話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕はあの頃に帰り咲く

月輝

第13話新たな仲間(友)

 次の日、電車の中や学校で健ちゃんに会っても
何故か目が合わせられ無かった…気付けば私は今日一日、ずっと健ちゃんを見るたび赤面していた。この時、確信した私は健ちゃんが好きなのだと言う事を…!!
 数日後私に、ふとした事で健ちゃん達(國重くん)に声をかけると言う赤面しそうになる試練が訪れた。
 私は何か2人で楽しげに話している健ちゃん達に勇気を出して声をかけた…いわゆる私の親友の為に!!
「ねえ!!」
「うわぁっびっくりしたなんだ〜高橋さんか驚かさないでくれよ」
國重くんは不意に話しかけたせいか少し驚いていた…。
「どっどうしたの結衣?」
「いやっ実は健ちゃん達と「ねえ、
仲良くなりたいって子がいるんだだから一度会ってくれないかな?もし2人がよければ昼休みに」
 赤面を堪えているせいか、雑に話してしまったが、どうやら話の内容は伝わったみたいだった。
「……結衣ぼっ僕は大丈夫だよ」
「本当!!ありがとう健ちゃん」
「國重くんは?」
「俺も……大丈夫だ!!どんな奴なのか気になるしな!」
「2人ともありがとう」
「じゃ約束ね」
 そして約束の昼休みが来た!!
「この子私の親友の森美優って言うの順応が早くて明るく優しい子なんだ」
「森美優です。結衣からはムードメーカーって言われてますよろしくね」
 この時、僕は思った…多分、その森って子は僕たちが離れ離れになった後に作った親友なのだと…
「よっよろしく」
「オウ、よろしく!!」

「僕はあの頃に帰り咲く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く