僕はあの頃に帰り咲く

月輝

第8話健人と結衣

 そう僕達はいつも仲が良くて一緒にいるから幼なじみではあるけどあの頃の僕らはただの幼なじみでは収まりきらない仲になっていたと思う。
 その頃の僕らは互いに好き同士だったと思う。友達として、幼なじみとしてそして互いに助け合っていたと思う。
 しかし、僕ら2人の関係はあの夏、終わりを告げる。僕もその頃子供ながらに結衣が、何処か遠くへ行ってしまう…事は分かっていた。
 だが何故か…結衣は何も言わず、引っ越し僕が気付けば結衣は遠い所へ行っていた。
 なのであの小三の夏僕は凄く悲しかったし、辛かった…だけどやっぱり今まで一緒に居た結衣をずっと嫌いになる事が出来ずに居た。なので今、結衣にちゃんとあの夏の事を聞いてみたいと思った。
 すると僕が話すより先に結衣が何かを話し始めた
「ねぇ健ちゃん…あの夏の事覚えてる?」
「覚えてるよ」
「僕が今までどんな想いで結衣のことを…」
「ごめんね健ちゃん」
「私、あの夏どうしても健ちゃんに話せなかったのは話せば辛くなっちゃうし、それにさぁ、健ちゃんに私が悲しんでる姿みせたくなかったからさぁ!」
「結衣……」
この時僕は嬉しかった、結衣も悲くて辛かったという事を知れて…!!
 気が付けば結衣と同じ路線の帰りの電車(琴電)が来ていた。

「僕はあの頃に帰り咲く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く