僕はあの頃に帰り咲く

月輝

第7話高橋さんの正体

 それは放課後、高橋さんと僕は、同じ路線の電車(琴電)なので駅で電車(琴電)を待っている待ち時間になんで高橋さんは昨日初めて会ったばかりの僕にこんなに優しく話しかけてくれるのだろうか!?と言う疑問を投げかける事だった…あくまで想像だけど!!
 放課後になると、僕は正直ドキドキしていた多分このドキドキはどんな返事が返ってくるのか分からないので少し怖い気持ちと楽しみな気持ちの半々であった。
 どうやら、僕の頭の中で予行練習していた待ち時間が来た様なので高橋さんに話しかけてみる事にした。
「ねえ高橋さん」
「なに山田くん?」
「なんで高橋さんは昨日初めて会ったばかりの僕にこんなに優しく話しかけてくれるの?」
すると高橋さんは少し黙り込みまた話し始めた。
「それは山田くんが私にとって大切な幼なじみだったからだよ」
「えっと………」
僕は余りにも意外な返事にそれ以上言葉が続かず絶句してしまった。
「分からなくても無理ないよね…健人くん、いやっ健ちゃんは私の事いつも結衣って呼んでだもんね」
「それに私、コンタクトにしたから…」
「ゆっ、結衣?」
「そうだよ」
「健ちゃんは全然変わってないねぇ〜」
「そうかなぁ〜」
「昔はよく遊んだねえ」

「僕はあの頃に帰り咲く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く