【実話小説】出会い系シンドローム

ヒロ先生

第2章:初めての会話

「こちらはNTT伝言ダイヤルです。6桁から10桁の番号を押し、最後にシャープを押してください。」

こうして始まるガイダンスに僕は胸の高鳴りを抑えられず手が震えた。まずは12345678と押す。

「暗証番号を入力して下さい」

ここは1234だったよな。その位は覚えてる。

「新しいメッセージからお伝えします。14時20分のメッセージ。」
ちらりと時計を見た。メッセージ再生開始まで2秒程度の時間なのにカップラーメンでも作れるんじゃないかと思う位長かった。

「こんにちわ。1人暮らしの19歳の大学生です。今日は彼に振られてしまって家で寂しいです。誰か慰めてください。番号は、04**・・」

まさかの自宅番号。学校のカバンから急いで筆箱を取り出し、殆どの授業を寝て過ごしてたので全く役に立ってない歴史だったかのノートの最後を引きちぎり、走り書きした。

当時は女性も比較的気軽に自宅の電話番号を吹き込んでいた。今のように携帯など無いし、他に連絡手段が無かったというのもあるが、今ほどすさんでいない時代だったからというのもある。

その後のメッセージなんてどうでも良かった。初めての経験で女子大生の電話番号を聞いちゃったんだ。掛けない訳にはいかない。急いで左手で公衆電話のフックを叩き、掛けなおす為に出て来たテレホンカードを挿入口に乱暴に突っ込む。

市外局番が同じだから同じ市内だ。近かったら逢えるかもしれない。電話番号を叩き、一回目の電話をする。

 「プーッ、プーッ、プーッ」

くそっ、話中だ。

キャッチホンが無い時代だったのでそんなの普通だった。
先を越されたか。
話し始めたらきっと相当長いだろう。
間違って切っちゃう奴がいたらいいな、等と考えながらめげずに何度も黙々と番号を叩いた。

急にそのペースを崩すかのように、一瞬の無音の後呼び出し音が聞こえた。

「プルル・・」

朝の朝礼で倒れる女子ってこういう状態なんだろうか。自分の目の前が一瞬白くなり、なぜ呼び出し音が鳴っているのか理解出来ない。その位自分は興奮していた。

「ガチャ」
「・・。もしもし?」

僕から見たら大学生は年上のお姉さん。普段は話す機会などない相手と今こうして電話で話をしている。声は可愛いが、どこと無く声に張りが無い。

「あっ、も、もしもし・・」
「はい」
「はじめまして・・あの、伝言聞いたんですけど・・」
「あ、はい・・」
「初めてなんで何話していいか分らないまま興味本位で掛けてみたんですが、本当に話せるんですね・・」

僕は本当に何を言ってるんだろう、そんな事言ったら普通切られるだろうと思うようなどうでも良い事をブツブツと言っていた。

その電話口で、彼女は泣いていた。
そんな状況にも気づかず、自分の事を話してしまった。バカすぎる。

「・・泣いてるんですか?」
「・・うん。ちょっとね。でも大丈夫だよ。もういっぱい泣いたから」
「そんな・・やっぱり彼が忘れられないんですか?」
「・・忘れたいよ。でも、一人で部屋にいると寂しくて涙出てくるんだ。」

普通に考えて、彼が忘れられないんですか?なんて正直に聞く奴は大バカだと思うが、切られないように話題を繋げようと無い頭を使って精一杯切り出した言葉がこれだった。
鼻をすする音が段々大きくなってきた。

「一人でいると、きっと気持ち変わらないでしょ?」
「まぁそうだけど・・」
「あの、もし僕で良かったら愚痴でも何でも聞きますよ!公園とかで。」
「公園・・?どこにいるの。今」
「**公園です。そこの公衆電話から電話してます」
「あ、わかるよ。あたしの家、そこから近いから」
「そうなんですか。それじゃ公園出てきませんか?」
「え・・その前に声若いけどいくつなの?」
「僕、いま高1です」
「そっか。あたしは19。大学生だよ」
「年下のガキじゃ、話聞いても意味ないですか・・・」
「・・そんな事ないけど、泣いた顔で公園は嫌だな・・」
「そうですよね・・」

こんな会話が続いた。

今の今まで泣いてた人を公園に呼び出すってどういう神経してたのか今では思い出せない。でも必死に電話の前で泣くこの女性をどうにかしなくちゃと思っていたのは確かだった。

「ねぇ、うちに来てくれないかな・・」

一瞬耳を疑った。まだ話して10分も経過してない高校生を家に呼ぶのか。

「でも、いいんですか?僕なんかが家に行っても」
「うん・・・年上だったら怖いけど、4歳も年下だからいいよ」
「わかりました」
「・・公園からすぐだから。公園の先にあるコンビニの横。」
「あ、わかります!」
「そこに着いたら自転車のベル鳴らして。聞こえるはずだから・・」
「はい!」
「外には出て行けないから、窓から顔出すね」
「わかりました」
「じゃ、後でね」
「急いで行きます!」
「・・急がなくていいよ。気をつけてね」

というなり、電話は切れた。
はやる気持ちを抑えながら、目印のコンビニを目指した。

「【実話小説】出会い系シンドローム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く