最強剣士だったけど、異世界では大したことなかったようです
ファンタジー

連載中:6話

更新日:

最強剣士だったけど、異世界では大したことなかったようです

  • あらすじ

      現代で大流行している『ブレイドバトル』通称『BB』一対一で剣の腕を競い合うこの闘いで毎年優勝する程の実力者である主人公の青年、『天月悠(あまつき ゆう)』
      今年も問題なく決勝戦まで勝ち進んだが、決勝の相手は何と異世界人だった!?
     
      異世界人である銀色の髪の女は『セリス・レム・イリシュタリア』と名乗り、闘いの中で力を認めた悠を、異世界に連れて行ってしまう。
     
      魔力によって人の価値が決まる世界で、剣士、天月悠はかつて異世界を滅ぼしかけた最強最悪の魔導士、『アダム』を復活させようとする組織、聖アダムス教団の存在を聞かされる。
     
      復活したアダムを再び封印する為には、魔力のない者にのみ扱えるという12本の聖剣が必要だという…
     
      そんな中、聖剣を扱うことのできる天月悠に聖アダムス教団の刺客が送り込まれる。
     
      魔力を持つ者に対して成す術のない天月悠は、セレスからの対抗手段として魔力を他者に送る『魔力譲渡』をすると告げられる。
     
      普通の魔力譲渡では魔力を受け取ることが出来ない天月悠に対してセレスが行った魔力譲渡は体内に直接魔力を送り込む方法、つまり〝キス〟だった!?
     
      魔力によって成り立つ異世界で、魔力のない剣士、天月悠のドタバタ学園生活が今始まる!

「最強剣士だったけど、異世界では大したことなかったようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品