話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ユミコ

 私はある男を殺すべく、飛行機に乗り込んだ。その男は沖縄の米軍基地に務める青年である。私の妹が旅先で死んだのは海難事故のためだと公表されたが、調べるとその男が妹を殺した事件であった。彼は妹に暴行を加え海につきおとしたのだ。
 関係者たちは国際問題への発展を恐れ、事故として事実を隠してしまった。妹の死をまじめに見つめるのが私だけならば、その男を殺せるのも私だけである。大切なものの命を粗末に扱われた怒りと憎しみが海のように広がる。ふつふつと煮える海だ。誰が何を言おうとも、私は男を殺してしまうだろう。
 着陸し、男が通うバーへ向かった。しばらく待つと、仕事終わりのあの男が1人でやってきた。私はそれとなく話しかけ、酒を勧める。緊張がほどけ、少し酔ったあたりで散歩へと連れ出した。
 空は分厚い雲でフタをされている。この夜には私とこの男の二人だけだ。もうじき私の海が彼をのみこむだろう。
「いやあ、ここも今日で最後なのですよ」
浜の岩場に腰をおろした男が言う。波をかぶった石たちがぬるりと黒く光る。
「明日の昼には母国へ帰るのです」
この男の帰る母国が、それを待つ者の姿が頭をよぎる。しかしそれをさえぎるように、私の手は男の背中を空へと押した。彼がのみこまれていく。徐々に熱を失う海が男を隠す。
 途端、雲のフタがあけられた。ゆるりとした三日月が、にたにたと私を見る。私も殺されるのだろうか。涙とも汗ともつかぬ何かが、晴れた空に浮かぶ三日月を閉じこめた。頬をつたう月がまだ笑っている。私はふらりと誰かの海へとびこんだ。

 波音が聞こえる静かなバーで、ラジオが流れた。
〈県内の海岸で外国人と日本人の遺体がひきあげられました。警察は海難事故として、ひき続き調査をしています〉

「梨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く