完璧超人がスライムに転生した結果

眠り人

元完璧超人、壁を掘る。

やる事を考えているうちに、さっき水刃で切った壁が気になって近づいてみる。壁の破片が数個転がっていて、それを体内に吸収して鑑定する。体内に吸収してから鑑定したら、その成分までわかるので便利なのだ。『神獣の洞窟の壁の破片成分石25%ミスリル18%アダマンタイト15%ヒヒイロカネ12%鉄分9%ダイアモンド7.5%銅7%プラチナ6.5%』
は?ちょい待て。なんだこの壁は。伝説の鉱石の宝庫かよ。まずは鑑定だ。
『ミスリル魔力を多く含む鉱石。魔力を通しやすく、魔剣の材料になる。』『アダマンタイト重量は重く非常に固い。熱を通さない。魔力を通しにくいが、慣れると強い魔力にも耐えるため、強力な魔剣になる。』『ヒヒイロカネ軽いが丈夫なため、薄刃にすると、切れ味が良く、丈夫な刀になる。魔力を通さない。』
強い。その一言に尽きる。てか、ヒヒイロカネって刀の材料になるのね。色々と使えそうだし、そうと決まれば。
純也はひたすら壁に向かって水刃を撃つ。魔力が切れれば上級ポーションで回復。それを繰り返してただひたすら壁を崩して収納の繰り返し。収納の中では、石とミスリル、アダマンタイト、ヒヒイロカネ、鉄、ダイアモンド、銅、プラチナに分ける作業をする。
十三時間程同じ作業を繰り返し、かなりの量の素材が集まった。(ふい〜、この体でも疲れるな。これくらいの量があれば、足りるだろ。使うかわからないけど。)純也が疲れて休憩していると、突然頭の中に声が響いた。『おい、貴様。』(うわっ、なんだ?!)突然頭の中に響いた女性の声に驚く。『ようやく反応しよったか。まったく。』(えぇ、何事?)『貴様が我の洞窟を勝手に壊しておったから、念話を送っておるのじゃ。』(あっ、はい。何かすみません。)『謝って済めば念話など送らぬわ!と言うか、お主、我が誰だか分かっておるのか?』(いえ、知りません。)『なっ!我は、神獣ニンバスじゃ!まさかお主、知らんかったのか?』(えぇ、全く。)そう言えば、ここって神獣の洞窟だったな。すっかり忘れていた。前世よりもアホになっているな。間違いない。『清々しいほどに正直じゃのう。まぁ、よい。』(許してくれるのですか?)『んな訳あるか!とりあえずはこっちへ来い!』(えっ、普通に嫌なんですけど。殺されそうですし。)『こっちに来ないのならば、その場で殺す。』(はい!行きます!行かせていただきます!)『それで良いのだ。』何か変なのに絡まれた。はてさて、これからどうなるのやら。

「完璧超人がスライムに転生した結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く