話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの小6のバーサーカーが異世界で暴れまくる

ノベルバユーザー214062

初戦闘見事勝利のバーサーカー

聖徒の後ろにいる異形は、死角から、安全に聖徒に攻撃できる時を待っていた。
「ぬん?敵対反応を感知?真後ろ?」
スキル、『バーサーカーの感知力。』
が、発動したらしく。
死角の後ろを振り返ることなく、見える。
「・・・・ほう?スライムか、今は雑魚に構っている暇は・・・ヌゥ!?」
目を閉じていると見えるらしく、目を閉じて、青色のスライムから逃げようとした瞬間に、
心臓が、ドクンッ、と大きく高鳴る。
スキル、『バーサーカーの呪い』
効果は、
『体力が常人の100倍と化すが、一日一回、何かを殴り倒さないと、死ぬ。』
100倍だったのか・・、って!
「このスキル、俺のバーサーカー禁断症状じゃねぇか!?」
地球では、犯罪になりかねないため、サンドバックで我慢していた。
が、死んだことはない。
「ニュー!」
俺が大きく動揺したのを狙い、スライムが、体に似合わぬスピードで地を這い近づいてくる。
「チッ、砕け散れ!」
横に動くと、スライムは止まりきらずに滑る。その間を使い、拳を固める。
そして、速攻で立て直すスライムのど真ん中に拳を打ち込む。
「ニューガッ!」
スライムのど真ん中に体の半分、下手すればそれ以上の風穴があく。
が、微かだが、息があるので、蟻を潰すようなフォームで足を叩きつける。
今度こそ、ぐちゃりと潰れ、絶命する。
「フゥフゥ、初勝利だ、な。」
素手でモンスターを殴り殺し、その拳を掲げ、草に寝そべり、今までの疲労のせいで、明るいが眠りに落ちた。

「ただの小6のバーサーカーが異世界で暴れまくる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く