りんご

蜘蛛星

危機

放課後、家と真逆の方向へ迷いなく進んだ。街へ繰り出すパリピ達から距離を置いて、たった一人。虚しいことこの上ない。

見た事のある景色が広がってきた。ビルに付属したコンビニやお洒落な美容室、ブランド物ばかりの服屋さん。そこは確かに落下中、目に焼き付けた景色を下から見たものだった。しかし、ビニールシートで隠されていたり、通行禁止になっていたり、警察官がいる様子もない。6時間以上経っているからだろうか。
「警官の前で飛び降りてたからなあ、事件性はないってことで早く片付けたのかな。」
コンビニの店員さんに話を聞いてみると、確かにここで飛び降り自殺が行われたらしい。店員さんは直接見ていないようで、気持ち悪そうな様子もなく、むしろ嬉々として話してくれた。たくさんの警察官が、散らばった破片の回収や掃除、通行規制に追われていたらしい。つまり私は現実を見ていたということが証明された。お礼程度に飲み物を買い、店を出る。

まとめよう。私が学校で見た自殺光景は事実だった。他の飛んだ先も現実である可能性が高い。しかし私はこの力を自由に使えるわけでは。

「ユキさん」

背後から聞こえたその声に、心臓が止まった。この声は、この呼び方で呼ぶのは、あの人しかいない。どうしたらいいだろうか。とりあえず謝ったらいいだろうか。考えたくない考えたくない。

私は逃げるように走っていた。

「りんご」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く