りんご

蜘蛛星

欠如

目が覚めるとビルの屋上にいた。足元にはゴマ粒のような人間が、背後にはこちらに向かって何かを叫んでいる女性と警官らしき人がいた。ああ、これはつまり自殺しようとしているんだな。見覚えのある高い電波塔が見える。ここは東京だろうか。突然、ゴマ粒の人間が形を作っていく。ビルが上昇し始めた。いや違う、これは。

激しい揺れに驚き、私は我に返った。目の前には、不安そうな顔をした同じクラスの女子生徒がいた。肩を揺さぶられていたらしい。
「大丈夫?瞬きもしないで一点見つめてたけど。」
私は、未だにきちんとコントロールしきれないこの現象に参ってきていた。さっきの人、絶対落ちたよな。ニュースとかでやるだろうか。
...
そういえば、落ちる途中に見えたお店とか、この近くにある街並みに似ていた。学校が終わったら見に行ってみよう。野次馬なんかじゃない。これは力を証明するためだ。

お昼ご飯は1人で食べている。放課後は部活に行っていない。良い読書場所がなくなってしまったのは悲しいが、あの先輩と顔を合わせられなかった。りんごの話が間違っていたこと馬鹿にしてもいいのか、怒って出ていったこと謝ればいいのか、先輩は私に呆れてしまっただろうか。会って何を話したらいいか、まったくわからなかった。

「りんご」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く