りんご

蜘蛛星

『りんごの木』

クローゼットの隅にしまっておいた絵本の中にそれはあった。日焼けした表紙には金色のりんごがなった木と、その下で木を見上げる少年が描かれている。水彩絵の具で描いたような淡いタッチの挿絵。全て平仮名の物語は、要約するとこうだ。

『あるところに優しい少年がいました。ある日、山を散策していると、火に囲まれたトカゲを見つけました。そのトカゲを助けるとトカゲはおばあさんに変身し、お礼に病気の治る金のりんごを実らす木をくれました。少年がそれを庭に埋め、りんごの木は毎日金のりんごを実らせました。少年はそのりんごでたくさんの人の病気を癒しました。その噂を聞いた王様はりんごの木を根こそぎ奪っていきました。少年は森へ走り、おばあさんに助けを求めました。おばあさんはナシの木をくれました。「緑のナシを食べると、おでこからツノが生える。赤いナシを食べれば、それのツノが落ちる。青いナシを食べると、鼻が大きくなる。黄色いナシを食べれば、元通りになる。」少年はそのナシの実を使って王様からりんごの木を取り返しました。』

つまり、先輩は間違っていたということ。りんごは病気を治すものであり、なおかつ金色である。しかも呪いとそれを解く果実はりんごではなくナシだということ。

「結局振り出しに戻るんじゃん。」

「りんご」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー226772

    先輩のキャラが好きです(笑)

    2
コメントを書く