りんご

蜘蛛星

帰還

図書室にある台本を全て調べてもいいものは見つからなかった。日が暮れるまで女子を残すとは何事かと思ったが、作業を遅らせたのは私なのだ。目を通すだけのはずが深く読み込んでしまい、いつの間にか日が暮れてしまっていた。先輩はものすごい早さで読み飛ばして行ったため、今日中に作業を終えることが出来たことが幸いと言える。個人的にはもっと本を読んでいたかったが。

先輩が家まで送ってくれるというので、甘えることにした。
「先輩って彼女いるんですか?」
「唐突に失礼なことを聞きますね。」
街灯の少ない住宅街では、先輩の顔を確認できないのが残念だ。きっと面白い顔をしているだろうに。
「彼女はいますよ。」
「……」

「台本ですか。」
「はい。僕の大切な恋人、台本さんです。」
一瞬思考を止めてしまった自分が情けない。この先輩に彼女などいるわけがないのに。暗くてよかった。

家に着くと、私の声に母が返事をした。空腹が限界に達していた私は急いでリビングに入り、食にたどり着こうとしたのだが。
「温め直すとかいいから食べさせてよ。」
母が頑なに温かいものを食べさせようとするため、腹に我慢を教えながら待つことにした。
ふと、テーブルの上のりんごに気がつく。
艶やかな赤色、美しい曲線、全てが食欲をそそる形状をしていた。
私の腹に我慢を教えるのは無理らしい。
私は母の許可を得る前に、りんごにかじりついた。

「りんご」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く