話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ずっと前から好きでした

ぺりん

あれから3年

あの苦い初恋から3年私は今日から高校生だ。
「奈々お前リボンまがってっぞ」
「わ!ほんとだ!ありがとう颯太!」
「ほんとお前ってドジだよな」
こいつは颯太!中学の時に仲良くしてくれた人の1人
「うるさいなー!てかまた颯太と同じ学校ってなんなのよー」
「お前こそうるせーよてか、なんでこんな遠い高校選んだんだよ」
「初恋の人との思い出の場所の小学校と近いんだよねここの高校」
「は!?お前好きな人とかいた事あるの!?」
「失礼な!好きな人くらい居たよ!」
「あっ、お前あれだろまだそいつの事好きとかだろ」
(図星だ)
「そっそんなわけないじゃん!もう3年も前の話しだよ??てか、颯太はどうなのよなんでこんな遠い高校来たのよ!」
「それはお前と同じ高校に、、、」

ブーーーーン(トラックの通る音)

「ん?なんてー?」
「もっもういいだろ俺の話は」
「えー!自分だけ言わないのはずるいでしょー」
「うるせーよ」
「もー!」
「ほら高校着いたぞ早くしねえと入学式間に合わないぞ」
「颯太のけちー!!」
そんなこんなで私の高校生活がスタートした。

「ずっと前から好きでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く