この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

ルームメイト

出て来たのは、超絶美少女!

桃色の髪にハシバミ色の大きい瞳、影を落とすほど長いまつ毛、etc.
俺並みの美少女来たー!


「こんにちは。私はエレナ・ド・ナイチンゲール。よろしくね。」
「こんにちは。私はモモリー・フランシスベルクです。一緒の部屋ですみません。極力存在を消せるように頑張ります。」
「いやいや、存在消すって何?私モモリーちゃんと仲良くなるの楽しみにしてたんだけど?」
「こんな私とですか?!」
えっ、そんなに驚くこと?こんな可愛い子とお近づきになれるなら、なんでもするけど?ていうかそんなうるうるした目で俺を見ないで。キュン死しそう。
「ありがとうございます。こんな私でよろしければ、仲良くして下さい。」
「うん。よろしく!って堅苦しいね。敬語じゃなくていいよ。」
「善処します。」
「ふふっ。ほら、また敬語。まぁいいや。モモリーちゃんのことモモって呼んでいい?」
「はい。どんな呼び方でも。」
「オッケー。私の事はエルって呼んでね?」
「よ、よ、呼び捨てですか?」
「もちろん。あー、無理ならちゃん付けでもいいけど。ていうか、さっきからなんでそんなに腰が低いの?私と同じ部屋ってことはモモもそこそこの身分なんでしょ?」
「えっ、エルちゃんもしかして私の事知らないんですか?」

「えっ?」
だって初対面じゃん?もしかしてモモの方が身分高いとか?うわっ、思いっきり上からだったんじゃない?私。

「そうですか。知らないからそんなに優しかったんですね。」
「どういうこと?」

ピンポーン。

あっ、ドアホンが。
「エレナ・ド・ナイチンゲールサマハ、イラッシャイマスカ?」
「は、はーい。ごめん。ちょっと出てくるね。」

ガチャ。
「コンニチハ。ワタシハ、オテツダイロボットノ、ココデス。ルークス・ド・ナイチンゲールサマカラ、デンゴンガ、イッケン。

エル?部屋はどうだった?こっちはひと段落したところ。夕食まで時間がまだあるから喫茶店で会おう。ファビオと一緒に待ってるから、早く来いよ?

トノコトデス。ナニカヨウガアリマシタラ、ワタシヲオヨビクダサイ。シツレイシマス。」

ふぇー。普通の女の人だと思ったら、ロボットなんだ。やっぱり技術進んでるなー。異世界。

「何でしたか?エルちゃん。」
「ん?ああ、ルークスが喫茶店で会おうって。」
「そうですか。いってらっしゃいませ。」
「えっ?モモも連れて行くつもりだけど。」
「私も行っていいんですか?」
「うん。私がいいっていうんだからいいんだよ。」
「ほんとに、いいんですか?」
「いいの、いいの。はいっ、行くよ!
で、喫茶店ってどこだっけ?」
「え〜?」


「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く