この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

天使

数日後、バカ親父から花嫁候補のだいたいの説明があった。


俺は予定通り、来月から学校へ通うらしい。名前は聖ステアといってここ、アパラス国でも1、2を争うほどのお金持ち学校。そして俺が18歳になる6年後卒業と同時にルークスの花嫁も決まるらしい。というわけでまだまだ先みたいで、安心した。とまあ、こんなような説明を受けて部屋に戻ろうとする。

「あっエルちゃん、待って。あと2つ。1つ目は他の花嫁候補の半分以上は同じ学校に通っているから、まぁエルちゃんは大丈夫だと思うけど、くれぐれも、醜い女の争いにはならないようにね。もう1つは、今日の午後に制服が届くから試着したらすぐにパパに見せてよ!約束だからね!楽しみにしてるね♪」
「はーい。」
ふーん。今日制服届くんだ。俺のことだから超絶似合っちゃうんだろうな。早く制服来ねーかなー。
そんなことを考えながら、午前中を過ごす。


トントン。
「お嬢様、制服が届きました。入ってもよろしいでしょうか?」
あっ!来た。
「はーい。どうぞ。」
「失礼します。早速ご試着なされますか?」
あったりめぇだろう。
「うん!」

制服は無地の黒色のワンピース。胸に校章である星の刺繍と腰に飾りのついたベルトが付いている。シンプルなデザインだけど品があってすごく可愛い。手伝って貰いながら着てみると…。

「わぁ!すごく可愛いです!まるでお嬢様の為の制服ですね。」
そうなのだ。俺の金髪と合っていてこの世のものとは思えないほど可愛い!ヤバイぞ、俺!
「パパに見せてくるね。」
「は、はい。」
ん?何かトリップしてた?あっ、可愛い過ぎて呆然としてたのか。うふふ。

走ってバカ親父のいる書斎まで行く。
「パパ!」
「おー。エルちゃん、制服来た?どれどれ?っ!なんじゃ、この天使は!ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ…(略)。可愛いー!」
「えへへっ。でしょ。」
「うん。やっぱり聖ステアにして正解だったね。でも悪い虫がつかないか心配だよ。」
おい。制服で学校選んだんかい。
「大丈夫だよ。ルークスとファビオがいるし。」
「そう言われればそうだね。ちゃんと守ってもらうんだよ。」
「はーい。」

そんなこんなで4月になり、入学式当日となった。

「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く