この度、晴れてお姫様になりました。

KoKoRo83

熱があるかも

「「ぶっははははははは。」」
この笑い声は。


「チッ。ルークス、ファビオ笑うな。」
俺は涙目で彼らを睨みつける。
「「うっ、ごめん。」」
おや?珍しい。急に大人しくなった。
「お前ら大丈夫か?なんか顔も赤いし熱でもあるのか?」
俺がそう言って触ろうとすると…。
「「やめろよ。」」
何だ。2人揃って俺をばい菌みたいに。


「はぁー。ったく。こんなことになるならお前らにやらせれば良かった。」
「はは。僕らは気をきかせてあげたんだよ。」
「えっ?」
もしかして俺がアイシャ可愛いって思ってたのバレてたのか?

「だってお前オル君のこと好きなんだろ?」
ルークスがニヤニヤ笑いながらそう言った。
「はあああ?もうお前らとは絶交だ!」
「まあまあ落ち着いて。」
「からかい過ぎた。謝るよ。なっ?」
ドキッ。嘘だろ。今ルークス相手に胸をときめかせた?いったい俺どうした?俺こそ熱があるのか?


「いたー!」
ううん?げっ。
「見つかった。」「オリス…。」
「あれは何ですか?あれは!」
「あれって何?きちんと説明してくれないと分からないな。」
「ファビオ様〜?あれって何?じゃないですよ。せっかく休憩貰って休もうとしたら部屋中にエル様、エル様、エル様!ですもん。多過ぎて気持ち悪いぐらいでしたよ。」

ん?今何か聞き捨てならない言葉が聞こえた気がしたんだけど。
「今何て言った?オリス。」
「えっ?ですから部屋中にエル様の写真がたくさん貼ってあって、気持…。あっ。なーんにもありません。」
「そーお?ならいいんだけど。何か聞こえた気がしたから。うふふ。」
何か3人の顔が引きつってるけどどうしたんだろう。


「とっとにかく!こういうことをするのはもう卒業して下さい。もう来月から学校も始まるんですよ。」
「「「はーい。」」」

「ていうかもうすぐ30歳のくせに22歳のアイシャに手を出す方が悪いじゃん。」
「ほーお?もしかしてアイシャのことが好きなんですか?まあ分かりますけどね。童顔に程よい貧乳。ちょっと天然なところ…etc.  たまりませんよね〜。でっどうなんですか?」
くっ図星。
「ちっ違うけど?(汗)」
「えっ?何でエル様が否定なさるんですか?」しまった。動揺してとっさに。
「ははーん。そういうことですか。」
「もしかして今度こそバレ…


「ルークス様とのお話、了承することにされたんですね。それでアイシャにヤキモチですか?青いですね。青春ですね。」
全然違う。

「{俺・ルークス}との話って?」
「あれ?お二方とも知らないんですか?ルークス様の花嫁候補が決定されたんですよ。」
「「いや、それは知ってるけど。」」
もしかしてその中にエレもいるってことか?」
「はい。」
「嘘でしょ。」「マジかよ。」
2人とも驚き過ぎでしょ。失礼な。(自分も驚いてた)
「でも、ちょっと考えれば分かることか。むしろ、どっかの知らない女よりエレと結婚した方がいいかも。」
うん。それは俺も思った。
「それなら、僕も一緒に結婚する!」
「それは無理だぞ。ファビオ。この国は一夫一妻だから。」
「エレが女王になって法律変えちゃえばいいでしょ。」
「ああ、そういうことか。」
えっそれ納得しちゃう?そんな簡単に法律変えていいの?
「で、お前はどうしたいんだ?エレ?」
「えっ私は…。」
そんなこと言われても分からないし。


「最初はグー、じゃんけんポン」
あっ、つられて出してしまった。俺はグー、そしてルークスはパー。
「よし、俺の勝ち。」
「急に何?」
「俺が勝ったからお前は俺の言うことを1つ聞け。お前は俺の妻になる。はい、決定。迷ってたんだから、ちょうどいいだろ?」
「えーーー?」
という成り行きでルークスとの話を了承することになった。


このことを家に帰ってすぐバカ親父に報告する。
「そっか。まっエルちゃんなら了承すると思ってたけどね。じゃあ、姉さんにそのように伝えておくね。チュッ」
サッ。投げキッスを避ける。
「もう。冷たいなぁー。」
「あっパパ。そういえば私、熱があるのかもしれない。」
「えっ?嘘でしょ。僕の大事なエルちゃんに何かあったら…。クライル(バカ親父の執事)。エルちゃんをすぐに医務室へ。」
「はっ。かしこまりました。」
うふぇ?かつがれた。ちょっ。
「エルちゃん!しっかり。パパがついているから。」
えっ?バカ親父の目に何か光ってるんだけど。気のせいかな。

その夜、ナイチンゲール家が大騒ぎだったのは、言うまでもないだろう。
また、俺に熱がなかったのも…。


「この度、晴れてお姫様になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く