話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました

丸めがね

第40話 ミダからの条件

「オルガ王子がボクをこの世界に連れてきた・・・・」
クロちゃんは王子の額から手を離し、しばし茫然とする。

なぜ、どうしてと聞きたいが王子は昏睡状態。
(オルガ王子はどうして・・・)

「おい、クロ大丈夫か?」
顔色が変わったクロちゃんを心配してロックが話しかけてきた。
モニカも喉を鳴らしながらクロちゃんの腰に頭を擦り付ける。

「う、うん・・・。」
まず、自分が異世界から来たという説明が出来そうにないクロちゃん。

(オルガ王子を治してあげたい。そしてボクをこの世界に連れてきた理由を聞きたい!)
クロちゃんはこの世界に来て初めて、強い自分の意志を感じた。

(ボクがここに来たことに理由があるなら知りたいんだ・・・!)


クロちゃんはミダの方を向き、
「正直に言うけど、ボク、どうしていいかさっぱりわからないんだ。ミダは預言者なんでしょう?
何か知っていることがあれば教えてほしい。」

と真剣に言った。

「いかにも、ボクは預言者ミダ。知っているのは、君がオルガ王子を救うということだけ。もしくは、君が王子を救えないかもしれないということだけ。」

「ええっ!救えない未来もあるの?!」

「もちろん。預言は絶対じゃない。未来なんていくらでも変えられるよ。そう、たとえば小石につまづいただけでもね。」

「そんな・・・」

「でもヒントはあげられる。ただし条件付きだけど。」

「条件・・・?」
嫌な予感がするクロちゃん。しかしヒントは喉から手が出るほど欲しい。

「ったく、ケチケチせずに教えろよ!だいたい、お前んちの国の王子様を救おうっていう話だろ?
どうして全部クロに背負わせるんだ?」
ロックが大声で言った。

「ロック・・・」
上司に責任を擦り付けられたのを先輩にかばってもらったサラリーマンの気分を思い出すクロちゃんの中身(34歳気弱)だった・・・。

「君たちはホントに自分の立場というものを分かってないよね。いつ殺されてもおかしくないんだよ。
何なら今すぐ、城中の騎士たちをこの部屋の扉の前に呼ぶことも出来る。」

「わかりました!じゃあ、条件を言ってください・・・」

「ボクと子供を作れ」

「うう、やっぱり・・・」

何となくそんな予感はしていたクロちゃん。
しかしクロちゃんには勝算があった。

ブルーライオンたちを中庭で助ける時に、集まっていた女の人たちの顔をよく思い出すと、これがなかなかの美女ぞろいだったのだ。

王子を助ける過程で、ミダの好みの女性像を調べ、それに会う女の子を見つけてあげれば、そっちのほうが良くなるに決まっているのだ。

そう、中身34歳気弱なサラリーマンの職業である不動産会社勤務が役に立つ!

お客様の好みを聞いてそれに合う物件をご紹介である。

そもそもミダは色っぽい美女が好みだと言っていた。クロちゃんに固執するのは、王子があてがってくれたからという1点の理由からだろう。

「わかりました!ヒントを教えてくれたら、子作りしましょう!でも、王子のことが終わってからですよね?」

ミダはうなづく。

「おいおい、いいのかクロ!」
意外な発言にロックの方が驚いていた。

「いいもなにも、他に選択肢有りますか?モニカたちブルーライオンも助けたいし。」

「・・・くっそ!」
なぜかロックがすねた顔をした。

「じゃあ、ヒント。王子は普通の病気じゃない。呪われているんだ。」

「呪われてる?!」


「34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く