話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました

丸めがね

第30話 白、ムラサキ、黒

「いかにもそこにいるのは、我が預言者ミダが示し黒髪の少女!何故貴様が我がものにせんとするのだ!」
コナンの王子ハザードは真っ直ぐに杖を構えた。
杖が怪しくムラサキに光る。

「あいにくだが、この者は我が国にも必要なのだ!今夜確かめるつもりだったが、その必要はないようだな。
ハザード王子自ら敵国まで来ようとは、やはり間違いないようだ!」

「レオ様!」
少し遅れてロックも壊れた天井から降って来た。
暁の騎士団長メアリもハザードに向かって剣を構え直す。

3対1、ハザードは不利に思えた。

しかしその時、

ハザードの杖が爆発したかのように、強烈な光を放つ。

「まずい!融解魔法だ!」
クロちゃんの腕の中でハーリーが叫ぶ。

レオ王子達の大きな剣が、光に飲み込まれるように剣先から溶けていく。

ハーリーは体を起こし、両手をハザードに向けた。白い光が放たれる。

ドンッ


ムラサキと白い光がぶつかった時、黒いブラックホールのような何かが空中に生まれた。

それは2つの光をどんどん吸い込み、大きくなっていく。

「やめろ!これが大きくなるとまずいことになるぞ!」
ハザードがハーリーに叫ぶ。

「くっ…何故だ…止められない…」


黒い空間は、周りの壁や床などの物質を喰らい始めた。
人間も吸い込もうとしている。


2人の魔法使いからは本人の意思と関係なく、どんどん光が吸収されていく。

このままでは、すべてを吸い尽くされるだろうことは明らかだった。

クロちゃんはただ、ハーリーを支えながら強烈な風に耐えていた。ハーリーがクロちゃんを巻き込まないように、クロちゃんから離れる。

すると、白い光が弱まった。

「まさか…」

いち早く気付いたのはレオだった。

そのレオを見て、ロックが気付いた。
「そうか…!2人の力が暴走しているのはこいつのせいか…!このままでは、レオ様もこの城も…この国も、この黒いヤツに飲み込まれてしまう!」

ロックは剣を捨て、クロちゃんを抱き抱えた。

「えっ」

クロちゃんが驚く暇もなく、ロックはクロちゃんを抱えて黒い空間に飛び込んだ。

「クロ様!」
ハーリーが手を伸ばすが間に合わない。


クロちゃんとロックを飲み込んで、黒い空間はピシャリと閉じて消滅した。

白とムラサキの光の攻防はフッと止まる。

「なんて事だ…」
クロちゃんが消えたあたりで立ち尽くすハザード王子。

レオもその空間をにらんだまま動かない。

メアリは先が溶けた剣を手から落としてしまった…。



ガランゴロン


クロちゃんは遠くの方で、メアリの剣が床に落ちる音を聞いていた。


しかし、今いる場所はどこかの森。

「ここ…どこだ?」
無意識に手足を確かめる。生きているらしい。

訳がわからずキョロキョロすると、少し遠くでロックが倒れているのを見つけた。

「ロック!大丈夫?」

若き騎士ロックは、眉間にしわを寄せながら目を覚ました。

「生きてる…のか…?」

クロちゃんはロックの無事にホッとした。


「34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く