話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました

丸めがね

第19話 クロちゃんの治癒

振り向いたクロちゃんは、

一瞬、黒髪の美少女に見えた。

「おいっ…」

ロックが近づこうとした瞬間、フッとロウソクの火が消える。

部屋はまた暗くなった。

「くそっ、なんで消えたんだ!」

ロックが大急ぎで廊下に出て、また松明を持ってくる。
その火でロウソクはすぐに復活した。

改めてクロちゃんの顔が明るく映し出されたが、それはさっきまでの赤く腫れ上がった顔だった。

「おかしいな…今、治ったように見えたんだが?」首をかしげるロック。

クロちゃんは何が何やら分からず、キョトンとしている。

「すみません、私の力不足で。この方がすっかり治るには、まだしばらくかかるようです。」
と包帯の人は言った。

「お前も治療が続いたしな…分かった、また後日連れてこよう。」
ロックはクロちゃんの手を引っ張って部屋をでる。

クロちゃんが振り向くと、包帯の人は小さく手を振り、人差し指を唇に当てて「ナイショ」のポーズをした。

ナイショ?

クロちゃんは不思議に思いながらも、下の部屋に戻される。

「お前のことをどうするかは、レオ王子がお決めになるだろうから、それまでここで大人しくしておけ。食事は誰かに運ばせる。」

そう言い残すとロックはどこかに去っていった。


1人部屋に残されたクロちゃんは、ずっと包帯の人について考えていた。

包帯の人に、おデコにキスをされた時、暖かくて優しい風が体の中に流れ込んで来た気がした。

例えるなら、爽やかなミントの風。

そしてまた、自分からあの人へも、何かが流れていった気がした。

交流したという感じだった。

「体がポカポカする」

そして全身が軽い。
何気なく顔を触ると、すごくツルツルになっていた。さっきまでザラザラだったのに。

髪も触ってみる。
こちらもツルツルになっていた。
ヘイナの泥でごわついていたのがウソのように。

「治ってる…?!顔の腫れも、髪の変色も…!」

クロちゃんは心底驚いた。




カナンの城の大広間


レオ王子が、大きな円卓に座っている。
若き騎士ロックは、レオ王子の正面に座っていた。

「そうか…ハーリーでもダメだったか。」

「はい。しかしハーリーは最近治療が続いておりましたから、自身の体のダメージが治りきっていない状態です。
また日をおけば、効果はあるかもしれません。

それにしましても、レオ王子、あのクロとかいう醜い少女をいかがなさるおつもりですか?」


レオは銅のゴブレットに注がれたワインを一口飲んだ。

「あの者が、コナンの王に使える預言者ミダの言う〝喰らう少女〝かどうかは分からないが、神の大鷲は確かに、生かしておけと言っていた。
無関係ではないのであろう。
もしこの国に仇をなす存在だと分かれば、すぐに殺せばよい。」



「34歳気弱なサラリーマン、囚われの美少女お姫様始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く