話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オオカミ少女

ノベルバユーザー212218

オカズ


ガチャー

部屋に入ると、先ほどの光景のままだった。
皆が私を家畜を見るかのような目で見てくる。
正直、足がすくんだ。
犯された時のことが頭をよぎった。

どうしよう

どうしよう

どうしよう



すると兄が、


『さぁ、みんなで美味しくカレーを食べようじゃないか。
オカズと一緒ね』


そう言って兄は私をニヤァっと
見た。


やばい!


そう思った時には、
手に持っていた私のカレーは机の上に置かれ、
手足を縛り付けられていた。
また、犯される時間が来てしまった。




オカズとは、私のことだったらしい。







事が終わった頃には、
私のカレーは白く生臭いカレーになっていた。


そして、それを食えと兄は命令した。


正直、吐き気がした。



けど、兄は無理やり食べさせる。



私に拒否権はないかのように。





...next

「オオカミ少女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く