話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オオカミ少女

ノベルバユーザー212218

遮り


お風呂から上がると、母が台所で夕飯の支度をしていた。
今日は、私の大好きなカレー。
何も知らない母は、ニコニコしながら


『今日は、お風呂早いのね?
そんな急いで、どうしたの?』



『あのね、母さんわたし、、、』


ーガチャー


犯されたの。


汚されたんだ。

言いたかった。
本当に言いたかった。
喉まで出かかった言葉。

その言葉を遮ったのは兄だった。
兄が扉を開けたのだ。


『母さん、友達がレイと一緒にご飯食べたいって言うから連れて行っていい?』


『そんなに仲良くなったの?
じゃあ、カレー持って上行ってあげなさい』


母さんはニコニコしながら答えた。


その言葉で私は血の気が引いた。
死んだ。
もう、ダメな気がする。

私は、大盛りによそられたお皿を持って
また兄の部屋に入った。




助けてと言えなかった。





....next






「オオカミ少女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く