何がおかしい

気まぐれ人

告白の受け方その3

俺はいつも通り学校に行くと下駄箱にラブレターが入っていた。手紙の内容は、
            
「5時に××公園にきてください」      
 というものだった。だから舞い上がり家に帰ると準備をして××公園に行った。そこには一人の女子生徒がいた。           
「ふわぁー。呼んだのは君?」       
「ごめんなさい。人違いでした」      
 それはそうだ。髪は寝癖だらけ。無精髭も生えている。服装はパジャマだ。そんな俺に惚れるやつなんているはずがない。        
                     
the end     

「何がおかしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー214916

    おもしろかった

    0
コメントを書く