Dole〜君といる未来
恋愛

連載中:1話

更新日:

Dole〜君といる未来

  • あらすじ

     ある日目覚めた時、私は見覚えのある天井にホッとした。
     でもそこは、私の知っている場所も、私の知っている人もいない後の時代だった。
     私はコールドスリープと言う状態で、時間がと言うより、成長が止まったままの状態で2000年程の時間を事実上、眠ったままの状態で過ごしたらしい。
     彼の説明通りだとすれば、不思議なのは記憶だ。
     一番最後だと思われる記憶の断片は、恋人と一緒にいたと言う記憶で、その断片の中の彼と、今、目の前にいる彼は同じ顔で同じ声で、記憶の中の彼と同一人物であるのだと確信が持てる。
     だけど、最後の記憶の断片は、彼に『中に入れ』と言われ、『僕は一緒にいられない。でも、カレが一緒にいてくれるから大丈夫だよ。ずっと一緒に』と言う彼の最後の言葉が、カレは彼ではないと言う証明で、私が知っている記憶の中の彼はもういないのだと思わせる。
     私は、彼ではないカレを愛していてもいいのだろうか?

「Dole〜君といる未来」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品