話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

友達だから

ずっと 友達だと思ってたから
これは友情だと決めつけてた
だから
あなたからの恋話を聞いた時
ショックを受けてる自分に驚いたんだ

あなたが話すその人は
とてもキレイで
あなたに愛されてるのが
苦しいくらいに伝わってきて

ちゃんと笑顔でいられてるか不安で
本当はすぐにでも帰りたくて
胸のあたりがきゅーってしてきて
私の今までの想いに気付いたんだ

本当は気付かないフリをしていた
この気持ちと向き合ってしまったんだよ

本当は友達じゃなくて女の子として
隣にいたかったんだよ
でも この関係を選んだのは
ずっとあなたと繋がっていたかったから

次に会う時には
心から言うよ
彼女できて良かったねって
仲良くするんだよって

でも今は言えないよ

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く